So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

デジタル簡易無線(登録局)の個別登録と包括登録 [デジ簡・特小]

デジタル簡易無線が流行っています。
特小では届かなかった距離が余裕でカバーでき、手続きも簡単なので仕事にレジャーに人気です。

この無線は資格免許は不要ですが登録が必要です。
また、免許局と登録局がありますが、一般的には登録局の方を使います。
免許局は会社等の大きな団体でやるほうほうです。

登録局の手続きには2種類あります。
個別登録と包括登録。

生涯1台しか使わないのであれば、個別登録をします。
将来を含めて2台以上になる可能性があるときは包括登録が便利です。最初は1台でも包括登録できます。

・個別登録
1台に付き1つ登録が必要です。
登録申請をして免許状(登録証)が届いたら使用できます。
待ち期間はだいたい2週間です。
もう1台欲しくなったら、それも個別登録になるので、2台目の使用開始までも同じく2週間待たされます。
申請には毎回2300円かかります。
個別登録は無線機の貸し借りはできません。

・包括登録
免許状(登録証)は1枚で、複数の無線機を包括します。
まずは無線機1台以上で包括登録申請をします。手数料は2900円と、個別より少し高いです。
こちらも2週間程度で登録状が届きます。
そして、使用開始から2週間以内に無線機の運用開始届(開設届)を出します。「事後」です。
2台目の無線機を使いたくなったら、買ってきてすぐ使えます。同時に2台目の開設届を出します。
包括登録は無線機の貸し借りができます。ただし、貸し出しをしたときは、その旨を届け出る必要があります。

包括登録は2台目以降の扱いがとても楽です。しかも、貸し借りもできます。
よって、最初は1台でも将来2台以上に増やしたい気があるなら、最初から包括登録にすべきでしょう。
※将来ですから、ずっと増設する気持ちで1台のままでも全く問題ありません。

なお、電波利用料(毎年)は無線機1台毎にかかります。
個別登録は500円/年
包括登録は450円/年

こちらも包括登録の方がお得です。
電波利用料は4/1付けで発生するので、年度の途中から使い始めた場合は3/31までの分が月割りになります。

最後に注意事項。
・必ず登録申請をしてから使いましょう。電波は常に監視されています。
・15chは呼び出しチャンネルです。15chを長時間使い続けることはやめましょう。15chは待ち合わせ場所です。
・アンテナはある程度自由ですが、認定品しか使えません。本体との組み合わせを必ず確認しましょう。
・レジャーや無線遊び(アマチュア無線のような使い方)で使用する場合は、仕事で使っている人の邪魔にならないように配慮しましょう。

私も何台か持っています。VXD-10(5W出力)とIC-DPR3(1W出力)です。
最近は軽さでもっぱらIC-DPR3ばかり持ち出しています。
確かに5Wの方が飛びますが、5Wを必要とするシチュエーションは滅多に無いです。
軽くて電池が持つ方が良い感じです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。