So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

特小ビーコン [デジ簡・特小]

2013-01-13 13.51.40-2.jpg

レピーターの稼動状態を広報するため、自動ID送出機を作りました。
PIC12F629でインターバルタイマーを作り、定期的に音声合成チップを起動します。昔ですとNE555を使ってというのが定番でしょうが、今は安いマイコンでやるのがお手軽ですね。しかもロジックの代わりにもなりますし。
インターバルタイマーは32.768KHzの水晶を使ってTMR1を回し、SLEEPを併用して作っていたのですが、うまく動きませんでした。が、時間は適当でいいし、水晶付けるとポート勿体無いし、消費電流も100倍になるとはいえそれでも乾電池で数1000時間動くので、ベタにNOP回して30分くらいのWAITを作ってOKとしました。目的が達成できれば過剰品質は不要です。
レピーターに対応させるため、PTT制御に工夫を入れています。

送信している特小ハンディが乾電池専用で、裏蓋の方に電池が付くのでダミー電池を使った外部電源供給がうまくできません。しかし、これも電池で結構持つので、とりあえずエネループで動かしておくことにしました。どれくらい持つか楽しみです。





nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 1

WPJ

お、面白そうなデバイス。

録音再生ICではないのがステキですね。
by WPJ (2013-01-13 20:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。