So-net無料ブログ作成

ソーラー発電ノイズ(4) [アマチュア無線]

2週間前の金曜にパワコンが交換され、ノイズフィルターが増設されました。
土日にチェックしたのですが、天気が悪くまともな評価はできず。
1週飛ばして今週になりました。

結果。

24〜50MHz帯は対策の効果が確認できました。
3.5〜18MHz帯は効果がありませんでした。

一番悪い3.5MHz帯では28dBの改善が必要と結論づけました。
ざっくり、あと1/1000にしないとなりません。

以上をHRDによるバンドスコープのデータと共に施工業者に提出。
メーカーへ転送してもらい、更なる改善を検討してもらいます。
もちろん、パワコンは停止してもらいます。

データを測定した限り、とにかく近すぎるのが最大の問題じゃないかと感じています。
幾ら対策をしても漏れる。パワコンとフィルターの間のケーブルからも漏れる。
他のメーカーが半径100m以内への設置を禁止している事実からして、いくらSHARPが高い技術をもってしても限界はあるでしょう。電磁波は距離の二乗に反比例して減衰します。10mが20mになれば1/4に、100mになれば1/100になります。このままの状態で対策はお手上げというのであれば、100m離れても足りない訳ですね。最悪は撤去してもらうことまで視野に入れて調整を続けています。

ソーラー発電ノイズ(4) ←イマココ
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-09-09

ソーラー発電ノイズ(3)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-09-01

ソーラー発電ノイズ(2)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-08-04

ソーラー発電ノイズ(1)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-07-28

ノイズ源と思われるパワコン
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-07-16

我がやにもソーラー発電の妨害ノイズが始まりました(Solar EMC)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-07-15
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

sawada

施工業者の認識が甘かったのが第一原因です。
メーカーのトレーニングを受けているはずなのですが、そこで渡される施工マニュアルにも「無線設備の近隣には〜」の注意書きが有りますが、これを無視した結果です。
工事も手抜きですし。私は電気工事士の資格は持っていませんが、取ろうと思って勉強したので概略は知っています。その素人が見ても判る手抜き配線が露見されていますので。

短波帯の巨大なアンテナ(全長8m)が屋根上に上がっているので、チラ見するだけで無線やっているのが判る状態。これで気がつかなかったという言い訳はできません。

既得権を主張するつもりは有りませんが、電波環境汚染を放置する訳には行きません。私もエンジニアでEMCのノウハウも(直し方)も知っています。どれだけ難しいかのレベルも知っていますので、私を納得させる対応が出ない限りは一歩も引くつもりは無いです。

はい、ようするにとんでも無い所に設置してしまったのですね。
呼吸器専門病院の玄関前に喫煙所を設置したような物です。(私も吸いますけど)

こんな相手だとは思っても居ないでしょう。
私はエレクトロニクスのプロですので。

ちなみに、「さらに28dB+マージン確保せよ」と言われたら、私が担当者だったら泣きますね。「それ、無理です」と言うと思います。
ただし、ローバンドの対策が不十分と思われるので、それをやってもらいます。実は手持ち部品でできますが、ヨソ様の設備には手を出せませんので余計にイライラします。
by sawada (2012-09-09 23:49) 

sawada

はい、メーカー(というか業界)に勉強して貰いたいです。そのためなら私がモデルケースになることも歓迎の姿勢です。(限界であきらめてしまうとうことではない)
ここまで至近距離で、どこまで対策が可能か。言い換えると、ここまで至近距離だとどのレベルが限界かを知って貰いたいのです。
こういうデータが元になり、業界としての指針がしっかりとできると踏んでいます。

ノイズ輻射制限のVCCIという業界規格が存在しますが、これは法的拘束力はなく、しかも一般家電を対象としています。もともと無線設備がある場所の近くにはノイズ源となる物を設置しないのが基本で、電波観測所等はこれにもとづいて周辺に規制をかけています。
いくら趣味のアマチュア無線とはいえ、国際的に認められ、国家資格を有してやっているのですから、趣味だからと軽く扱うことはあり得ないと思っています。今はアマチュア無線だけで問題になっていますが、そのうち一般生活への影響も露見してくるでしょう。

さて、シャープさんはこの「28dB改善」を達成できるでしょうか? これが解決できるのであれば、シャープは世界一の技術力を持っていると言っても過言ではないです。「地球に優しく、全ての環境に優しく」こんなキャッチコピーを大々的に出して自慢して良いでしょう。それほど難しい目標値です。

by sawada (2012-09-14 18:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。