So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

CREATE 730V-1をWARCでも使えるようにしてみたが [アマチュア無線(周辺、ANT)]

結論から言えば、1回目は失敗。

何をやったか。
・730V-1からバランを撤去
・給電部に平行フィーダー(MFJの450オーム/AWG18)を10.46mを接続
・SGCのオートチューナーSG-239にFT114-#43コアで作った強制バランでマッチング
・ATUはタワーの足の部分に設置
・あまった平行フィーダーはステーワイヤー(グラスファイバー)に適当にゆるゆると吊り下げ

最初はうまくいきました。
3.5/7/10/14/18/21/24.5/28でチューニングが取れました。

だめな状態。
チューニングをとってCQを出すと、SWRが徐々に上がりだしてオートチューンが再起動。
その後、チューンが取れなくなる。
しばらく放置しておくとチューン可能になるが、送信し始めると同じ事が起きる。

10W程度のローパワーでチューンをとって、徐々に出力を上げていくとSWRが時間とともに悪化するのがわかった。あきらかに、コアの発熱でAL値がおかしくなっている状態。コアは小さすぎ多っぽい。

そのほか、回り込みも発生。
無線用に使っているFMVが、送信するとキーを押しっぱなしにした状態になって操作不能に陥る。ひどいときはKVMもハングアップする。KVMが拾っているらしいが、他のPCは大丈夫。
とりあえず、CMFの位置を変更して(RIG直後→アンテナ切り替え機直前)、FMVのキーボードとマウスを独立したものを接続したら直った。それでも、離調しているとたまにおかしくなる。

まずはコアを大きなもの(FT240-#43)に変更し、ソーターバランにしてみようと思う。
あと、平行フィーダーが長すぎるのかもしれないし、短いのかもしれない。

730V-1を特に改造せずに使ったのは、もともとのバンドはそのまま50オームで使えると思ったから。チューナースルーでフルパワー突っ込めるのが目的。しかし、実際は全てのバンドでチューナーを使わないとSWRは悪い状態だった。変な長さになっているのかもしれない。

平行フィーダーは計算から10.46mにした。
これは80mから使えるG5RVの設計値から逆算したもの。730V-1が7MHzで電気長が1/2λになるはずなので、残りを平行フィーダーで合わせる感じで計算した。
10.46mは波長短縮率82%から逆算すると12.756mになる。これは1/4λの奇数倍の周波数ではインピーダンス関係が反転する。その周波数はというと、5.88MHzの奇数倍なので、5.88/17.64/29.4MHz。18MHz帯と28MHz帯に近い。これはまずいかもしれない。なぜなら、その周波数ではチューナーの出力はハイインピーダンスで整合が取れる事になるから。7MHzも近いといえば近い。これでは50オーム系で計算したバランのインダクタンスで足りるわけ無い。バランは使用最低周波数で、アンテナインピーダンスの5倍のリアクタンスとなるように設計するのが普通だからだ。

うーん、やっぱ簡単に行かないもんだね。

この長さだと3.5MHzから使える計算なので、さらに伸ばしてみるのがよさそうだ。
どれくらい伸ばしたら、各バンドで1/4λにならない値があればいいのだが。

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

JN1GLB

ATUから出た直後の同軸にCMFを入れたらどうですか?
AH-4でもパッチンコア入れますし...
移動でマニュアルTUNERを使ったときに、このCMFを入れないで痛い目にあいました。

あと、SG-239は、
1.5 to 200W (PEP) and 80W (continuous)
なので、たぶん澤田さんのリグはパワーを絞っておかないと...
by JN1GLB (2012-01-10 21:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。