So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

TM-D710のGPSをGT-720Fに交換 [アマチュア無線(APRS)]

TM-D710につけていたGPSモジュール(GM318)が測位しなくなってしまいました。

GM-318.gif
aitendoで買ったGM-318

むき出して使っていたので、静電気でアンテナ部(初段アンプ?)が破壊した可能性が高いです。

秋葉に行ったついでに秋月でGT-720Fを買ってきました。これ、超高感度なのですが、消費電流が180mAと大きいのがネックでした。

GT-720F.jpg
秋月で買ってきたGT-720F @3200円

しかし、帰ってきて安定化電源につないでみると、電源電圧3.3Vにて86mA(非測位)、66mA(測位完了)と、初期に購入したものの半分以下でした。

Fast Acquisition Enhanced Sensitivity 65 Channel GPS Sensor Module
http://canmore.com.tw/pdf/GT-720F%20DataSheet%20v-6.pdf

最新のデータシートによると、消費電流は30mA以下と書いてあります。
バージョンによって違うのでしょうか? これは、2008/10/4のFirmwareでした。

何にせよ、消費電流が少ないことはよいことです。
GPS自身の発熱も少ないですし、レギュレーターからの発熱も押さえられます。
TM-D710のパネル内に入れてしまいました。

ちなみにTM-D710のコンパネに来ている電源電圧は10V。5Vレギュレータは基板にありますが常時通電です。ここから電源をいただくのが常套手段ですが、本体OFFでGPSに電源供給がされつづけるのは気持ち悪いです。
パネルの下の方に電源ON時に5Vが出てくるポイントがあります。ここから2SC1815と2SA1015で組んだ電子スイッチにて、GPSの電源を連動させました。2SA1015はIC=150mAなので、初期のGT-720FではNGですが、今回の新しいGT-720Fでは余裕でスイッチングできます。
また、GPSの電源電圧は3.3Vにしてみました。データシートによると電源電圧範囲は3.8~8.0Vとなっていますが、3.3Vでも動いているのでヨシとしました。GPSに3.3VのLDRが入っているのでしょう。

tm-d710_gps_pwr.gif
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

みはる☆

( ̄□ ̄!!)これはビックリ!
購入してすぐに電流測定するところがさすがBWTさん(驚)
私だったら何も考えずにその先に進みますよ(オイ)
by みはる☆ (2010-03-24 23:47) 

sawada

とりあえず初期化したかった(アルマナック更新と4800bpsと$GPVTGを出す)ので、電源に繋げて動かしました。
電源のアンメーターを見ると1メモリ少ないことに気がついて、「動いてないか?」と思ったのですが、しばらくするとLEDが点滅を開始。測位したみたい。
で、テスターを繋げて詳細に電流を測ってみた次第です。

電流測定をしたくて繋いだんじゃないんですねー。
ハナからあきらめていたので、電源スイッチはパワーMOS-FETでやるかなんて考えていました。

by sawada (2010-03-25 00:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。