So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キャンプソング「大きな歌」 [アウトドア]

L:リーダー
C:キャンパー

~~~

L:大きな
C:おおきな

L:歌だよ
C:うただよ

L:あの山の
C:あのやまの

L:向こうから
C:むこうから

L:聞こえて
C:きこえて

L:来るだろ
C:くるだろ

L:大きな
C:おおきな

L:歌だよ
C:うただよ

L:じゃあ、今度は小さい声で・・・

L:小さな
C:ちいさな

L:歌だよ
C:うただよ

L:あの山の
C:あのやまの

L:向こうから
C:むこうから

L:聞こえて
C:きこえて

L:来るかな
C:くるかな

L:小さな
C:ちいさな

L:歌だよ
C:うただよ

L:シーーーー
C:しーーーー


キャンプファイヤーの導入等で、キャンパーを静かに落ち着かせるときに使う歌。
キャンプファイヤーでは色々な歌やゲームを行いますが、ファイヤープログラムにはちゃんと進行があります。
導入→展1→展2→落としが基本パターン。展2が一番盛り上がるところです。

ファイヤーの開始前には入場前に静かに歌を歌ったりして、子供たちを一体化させます。それまでははしゃぎまわって興奮状態でまとまりも何もあったもんじゃないですから。そして、子供たちの気持ちが落ち着いたところで歌を歌いながら入場(遠き山に日は落ちてが定番)。輪になったら火の神を呼びます。

(続く)

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

三相三線

むちゃくちゃ 懐かしい歌


キャンプファイヤーの凄まじい炎 
ホーエーブスの轟音と力強さ
朝 テントの床にある渦巻き模様のコゲ後
泣きながら食べた 失敗した芯の有るご飯 
真暗な夜
テントと共に戦った台風

何もかも遠い夏の思いで
by 三相三線 (2009-11-23 22:44) 

植木屋

伊豆のキャンプ場で週末だけ、応援に借り出されています。
悪ガキども・・・もとい! お子様たちを相手に、
ビンゴ大会をやったり、盛大にキャンプファイアーを開催したり、
オヤジ達と一緒にギターを弾きながら、60~70年代のフォークソングを
歌ったりして、ほとんど、一緒になって遊んでいます。
フォエーブスはやはり、ガソリンよりも、ケロシンのモデルを
持って来られる方が多いです。・・・マニアックだなぁ・・・。

by 植木屋 (2009-11-24 21:13) 

sawada

フォエーブスって何かと思ったら、バーナーのメーカー名なんですね。私はコールマンの白ガス使ってます。ポンプのゴムがダメになったみたいで加圧できず壊れてます。修理しなきゃ。
ガスよりもガソリンが好きです。あの火力、雨にも負けず風にも負けず。暴風の塔の岳で、ラーメン作るときに役に立ったのは私が持っていったガソリンバーのみでした。プリムス(他ほぼ全員)は火が付いても低温でぜんぜん火力が上がらずでした。

ファイヤーは自動点火とかアローとかいろいろやりましたっけ。アローは人気ありました。藪の中からピアノ線を伝って火のついた薪が滑り落ちてくるやつです。

展2ではバクダン(灯油に漬けた丸めた新聞紙)を投入してガンガン火力を上げたり。でも、ちゃんと落としの時にはイゲタはほぼ燃え尽きて・・・ ファイヤーキーパーもハイテクニックでした。

マントルが輝くランタン。
落ち火を囲んでマシュマロ焼き。
いい思い出です。

by sawada (2009-11-24 21:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。