So-net無料ブログ作成

WILLCOM D4のSSD化(32GB) PF18Z32GSSDZIF 速いぞ! [パソコン]

PhotoFastのG-Monster 32GB(PF18Z32GSSDZIF)を入れてみました。
Amazonで16,800円。ヒットラインというお店でした。発送はとても早かったです。


これ、速いですね。 起動もHDDより早くなりました。

でもって、早速ベンチマーク(上から 純正HDD、SSD、CF-SSD)

***** FDBENCH Ver 1.02 (C)2003-2007 ep82kazu *****
Drive C:\
Drive Size 100MB

Disk Read Write RRead RWrite (KByte/s)
8,261 16,060 7,107 4,319 5,558
30,300 55,501 15,238 42,261 8,201
9,170 15,863 2,798 16,465 1,555

Copy 2k 32k 256k 1MB (Kbyte/Sec)
3,597 50 725 3,905 9,709
5,809 10,128 6,138 4,806 2,166
553 2 43 906 1,260


殆どの項目でHDDより早くなってます。しかも桁違い。
Copyの1MB項目が落ちてますが、小さな2Kがかなり健闘しているのには驚きました。

さて、VistaではSSD化するにあたり幾つかチューニングした方がよいことを知りました。
まずはデフラグを自動でやらせないようにする設定。SSDはフラグメントが起きても関係ないです。
コントロールパネルからも出来ますが、Tipsを元にregeditで指定して止めました。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\OptimalLayout
「EnableAutoLayout」という名前のキーを作成して、「DWORD(32ビット)値」を指定して、値を0に設定。 これで自動デフラグは無効になります。


次に、VistaのPreFetchを止めます。これはHDD特有の高速化オプションでSSDでは無意味です。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management\PrefetchParameters
「EnablePrefetcher」の値が3になっているので0に変更。これでPreFetchは無効になる。


最後にドライブの書き込みキャッシュだ。
これもHDDではあるシークタイムが問題にならないSSDでは無効にしてしまう。
ドライブのプロパティを開いて、ポリシータブに書き込みキャッシュの設定がある。このチェックマークを外す。

再起動するとSSDに最適化された状態になる。
ちなみにTMPディレクトリやページファイルも別ドライブに持って行った方がSSDの最大の問題である「書き込み可能回数」の問題を回避できる。しかしD4にはドライブは1つしかないうえにDRAMが1GBしか積んでいないのでここは弄ることが出来ない。TEMPディレクトリはMicroSDに指定してやる方法もあるが、私はMicroSDをホームディレクトリ(データ置き場)にしているので、これが壊れるのは本末転倒だ。

気になるバッテリーライフは・・・
標準バッテリーをフル充電して計測中。
よく使う状態(バランス、バックライトON、残量5%で休止、WiFi電源ON、ダイヤルアップ状態)で実測している。
1時間後くらいには報告できるだろう。ここに追記する予定。

バッテリーライフが伸びればSSD化は大成功だ。
しいて言えば、ファンの音がなんとかなれば最高なのだが・・・


HD→SSDの実作業を改めてまとめておく。

(1) USBにDVDドライブとUSB-HDDドライブを接続
    USBホストケーブルにUSBハブを繋いで、DVDとHDDを繋ぐ。

(2) Acronis True Image 11 HOMEでバックアップ
    買ってきたままだと内蔵HDDを認識しないので、アップデータをダウンロードしてきて
    Bootディスクを作成する。これで起動して、内蔵HDDの全パーティションをUSB-HDDに
    バックアップする。

(3) HDDをSSDに入れ替え
    使用したSSDは端子面がHDDと裏表逆。具体的には、SSDを裏返し(コネクタが上面)
    にしてフレキケーブルを繋ぐ。SSDのコネクタはコネクタを上面手前にして、右がピン。

(4) Acronis True Image 11 HOMEでリストア
    バックアップの時と同様にCD起動してMBRとCドライブをリストアする。

(5) 再起動後、OSがSSDを認識するので、もう1回再起動する

(6) SSDに合わせたチューニングをする

(7) 再起動して完了

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

D4初心者

SSD化おめでとうございます!
楽しく拝見させていただいております。
自分もSSDへの換装を考えているのですが、
SSDの選択に悩んでいます。
64GBだとSamsungか、このPhotofastかの選択になりますが
Samsungは高いし、PhotofastはMLCですので、プチフリが気になります。
換装後の使用感はいかがでしょうか?プチフリは気にならないですか?
今後もD4に関するブログを楽しみにしています。
by D4初心者 (2009-04-11 22:14) 

sawada

「プチフリ」、つまり一瞬固まってすぐに復帰する感じでしょうか?
今のところ、HDDとの使用感の差は感じられません。
私もそのプチフリが心配だったのですが、使用したSSDではそのような挙動は感じていません。
SSDにあわせた設定の最適化が効いているのかもしれません。
それと、このエントリでは書かなかったのですが、ページファイルの容量は1536MB固定(最小も最大も1536)にしています。

高速性をとことん求めるのであればサムスンみたいですが、確かにSLCは高いです。
MLCでも十分早いのは実感しています。
グリーンハウスのSSDだけは悪いレポートしか効かないので避けたほうが良いと思います。安さにつられて危なく買うところでした。

さて、バッテリーライフですが、あれから何度か測定を行いました。
残念ながら標準バッテリーでの劇的な改善(超寿命化)は見れませんでした。
もしかしたら5分ほど伸びたかもしれないという程度です。

OSの起動、ソフトの起動、いずれも体感できるほど高速化しています。
この点では値段の割に効果が大きかったので満足しています。

by sawada (2009-04-11 22:46) 

D4初心者

ご回答ありがとうございます!
ここのところ、下落を続けていたssdの価格が高騰し出したこともあり、
やはり自分もphotofastのssdに換装しようかと思っております。
大変参考になりました。どうもありがとうございました。
by D4初心者 (2009-04-22 23:41) 

ttk

そもそも1.8inchディスクはHDDといっても消費電力が小さいので(皿もヘッドユニットも小さいのでモータのトルクが小さい)劇的に変わることはないでしょうなぁ。
by ttk (2009-05-11 01:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。