So-net無料ブログ作成

Orange Pi ZeroでSDRサーバ [アマチュア無線]

orangepizero.png

USBワンセグドングルと組み合わせて、SDRサーバーにしてみました。
クライアントはWindowsPC上のSDR Sharpで、家の中ならどこでも受信できます。

セットアップ方法。

1. ArmbianをダウンロードしてMicroSDカードに書き込む

ここから取得します。
https://www.armbian.com/orange-pi-zero/
Debian Jessieを選択。
取得したファイルは7zipで圧縮されているので、7zipを解凍してimgを取り出す。
Win32DiskImageでMicroSDカードに書き込む。
SDカードは4GB以上で大丈夫だが、8GBがおすすめ。

2. Orange Pi Zeroにさして起動。
HDMIが無いので、UART(3pinのピンヘッダ 115200bps)でコンソール接続する。
ID:root、PW:1234でログインしてrooのパスワードを設定。
続いて一般ユーザを作成。
済んだら再起動させる。

3. OSのUpdate
LANに繋いでOSをアップデートする。
# apt-get update
# apt-get upgrade
# apt-get dist-upgrade
# apt-get clean
済んだら再起動させる。
ここからは一般ユーザで作業する。
私はpiというユーザーを作った。

4. USBチューナを挿して認識しているか確認
$ lsusb
Bus 008 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 007 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 006 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 002: ID 0bda:2832 Realtek Semiconductor Corp. RTL2832U DVB-T
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

BUS 002で認識している。
この「TL2832U DVB-T」をメモしておく。

5. RTL SDRのインストール
$ sudo apt-get install rtl-sdr

6. テストを実行する。
$ sudo rtl_test
Found 1 device(s):
0: Generic, RTL2832U, SN: 77771111153705700

Using device 0: Generic RTL2832U

Kernel driver is active, or device is claimed by second instance of librtlsdr.
In the first case, please either detach or blacklist the kernel module
(dvb_usb_rtl28xxu), or enable automatic detaching at compile time.

usb_claim_interface error -6
Failed to open rtlsdr device #0.

認識しているがエラーしているので、設定ファイルに追記する。
$ sudo vi /etc/modprobe.d/rtl-sdr-blacklist.conf

次の文字列を1行追加して保存
blacklist dvb_usb_rtl2832u

一度再起動します。

7. 再度 テストを実行する。
$ sudo rtl_test
$ rtl_test
Found 1 device(s):
0: Generic, RTL2832U, SN: 77771111153705700

Using device 0: Generic RTL2832U
Found Fitipower FC0013 tuner
Supported gain values (23): -9.9 -7.3 -6.5 -6.3 -6.0 -5.8 -5.4 5.8 6.1 6.3 6.5 6.7 6.8 7.0 7.1 17.9 18.1 18.2 18.4 18.6 18.8 19.1 19.7
Sampling at 2048000 S/s.

Info: This tool will continuously read from the device, and report if
samples get lost. If you observe no further output, everything is fine.

Reading samples in async mode...
lost at least 216 bytes

エラー無く使えるようになりました。

8. RTL-SDRサーバーを起動する
$ rtl_tcp -a 0.0.0.0

9. WindowsPCのSDR Sharpから接続する
SourceをRTL-SDR(TCP)を指定する
歯車マークをクリックして、HostにOrange Pi ZeroのIPアドレス、Portに1234を指定。
Sample Rateをとりあえず2.048 MSPSにして、メイン画面の|>をクリック。
先ほど設定したRTL-TCP SettingのRF Gainをセンターにする。
あとはモードや周波数を合わせると受信できる。


Orange Pi ZeroのCPUはかなり発熱します。
小さなヒートシンクをつけていても、RTL-SDRで受信中は70度近くになりました。
ヒートシンクなしだとオーバーヒートしてフリーズします。
また、下手するとCPUの真下にあるMicroSDが熱で壊れるようです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新スプリアス規制と確認保証 [アマチュア無線]

ついに棚卸をしなくてはならなくなりました。

新スプリアス規制に対するまとめ。(私が調べた理解の範囲で)
・2022/12/1以降は旧スプリアス規格の送信機は使用できなくなる
・2017/12/1以降に有効期限が切れる免許状は、再免許時に旧規格送信機の使用期間制限が付く(※)
・2007/12/1以降にTSSで保証認定されている旧スプリアス規格の送信機はずっと使える
・2007/12/1以降に製造された送信機は新スプリアス規格

そして、旧スプリアス規格の送信機は、JARDで確認保証というものをやってもらえば、リストにある機器は新スプリアス適合として使い続けられます。これをやらなくてはならない。1台1000円とかかかるわけでブツブツ・・・

移動する局は今年の11月中に有効期限が切れます。
よって、あと1回だけこのまま再免許(更新)ができます。
今年はとりあえずそのまま更新かな。
そして、さらに5年後の再免許の時に、その旧規格品を確認保証をとって使い続けるか、買い替えるかを考えることにしましょう。

移動しない局のほうは来年の12月に有効期限が切れるのですが、捨てようと思っている送信機を除き、ほかは新スプリアス適合なので問題ないです。一応、捨てる送信機の分の変更申請は出しておこうという感じ。

ということで棚卸をしました。
結果、次の次の再免許時に確認保証または買い替える等が必要な必送信機は次のようになりました。
 FT-857DM、FT-817、TH-F7、TH-D7
どれも古いですが、現役ですし、便利な機種なんですよね。

このめんどくさい制度、なんとかならなかったのでしょうか。
アマチュアにまで新スプリアス規制を厳格に適用しているのって、どうやら日本だけみたいですよ。


※修正しました
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

iQOSの故障と寿命 [生活]

iQOSを使い始めて1年を越しました。
すでに紙巻きの普通のたばこには戻れません。
なにしろウマイと言うのが第一の理由。使い始めの1週間は違和感有りましたが、上手な吸い方(クールスモーキング)を取得してからはあっという間に慣れました。
次に、周りに影響を与えにくいという所。
普段たばこを吸わない人の目の前で吸っていても気が付かないと言われるくらいです。
そしてつい先日レポートが出ましたが、紙巻き(1mg)と比べて有害物質が90%カットされている事。
1ヶ月で黄ばんでいた歯の裏は真っ白になっていたのも驚き。タールがほとんど出ないからでしょう。

さて、前置きが長くなりましたが本題に。
まずはメーカーが推定している製品寿命から。

ポケットチャージャーは約400回
ホルダーは約7600回

これは、毎日20本、それを1年間使用した回数に相当します。
電池の寿命は吸い方にも左右されますので、最大の6分間かけてゆっくりと14回吸った時の数値です。
1本の使用時間が早い(例えば3分)なら電池は半分位しか使われないので、充電可能回数は伸びます。ポケットチャージャーも同じで、使用時間が短く、回数も少なければ空まで使わず充電になるので可能回数は伸びます。これはリチウムイオン電池の性格から来ています。

次に故障について。

良くある故障がポケットチャージャーの蓋パカ。蓋がロックされなくなる故障。
これはよく見てみると設計が悪く、オープンボタンを強く押すと爪に負担が掛かるようです。
蓋を閉めるときに内側に曲げられ、蓋を開けるときに外側に曲げられる。
そのうち皮一枚で繋がっている状態になってユルユルになり、最後はポロリと折れます。
私の場合は15本/日ペースで吸っていたので、1日当たり15回の充電でした。正確な日は覚えていませんが、半年くらいで爪が緩くなってゴムで止めて使っていました。
これは製品登録をしてあれば1年の保証が効くので、サポートセンターに連絡をするとすぐに交換してくれます。ほとんどの場合、翌日配達で出来ます。故障品は同梱の返却キットで送り返します。

ホルダーの故障で多いのは、爪楊枝や綿棒で掃除をしていてヒーターブレードを折ってしまう事みたいです。私はこの手の製品はよく知っているので丁寧に作業しているので折ったことはありませんが、保証期間内なら1回だけ交換してくれるようです。ユーザー責任のところが強いので1回限定なのでしょう。
次に多いのが電池不良。特に寒い日になると起きやすく感じます。ポケットチャージャーで充電が終わって緑の点滅から点灯になって消灯。チャージャーから取り出すと緑のはずのランプが赤になる。この場合はボタンを長押しして赤点滅になったら再充電するとリセットされてしばらくは使えることがあるようです。
または、長押しして余熱をして点滅から点灯になっていざ吸い始めると、一口二口で赤になって落ちてしまう現象。私はこれになりました。すぐ充電すると1分もしないで充電完了になって普通に吸えるようになったりします。でも、とても不安定。これはおそらく電池が劣化したのだと思っています。これも保証期間内なら交換してくれます。

私は2本のホルダーを交互に使っています。
よって毎日20本でも2年持つ計算なのですが、毎日15本でも、いずれも1年弱で電池劣化の症状が出て交換して貰いました。吸っている時間も6分めいっぱいでは無いので電池に優しいはずだったのですが。想定の半分以下で駄目になりました。
寒くなると電池の能力が低下するので、そういう屋外で使う時は、一度加熱クリーニング操作をして暖めてから使うと良いとアドバイスを受けました。スキー場とかでは厳しそうですが、電池製品の宿命ですね。

製品保証はユーザー登録を市内と受けられませんので、必ずしておきましょう。
それと、購入時のレシートも保存しておくのが良いです。2回目の時にレシートの提示を求められましたので。

サポートセンターは3つのコンタクト方法がありますが、繋がりにくいのはどこも同じです。

・Web診断からサポート依頼
一番手軽ですが、進捗は一番遅いです。
1週間程度で返事があれば良い方と思います。
最初にWebからサポートをもう偲んだのですが待ちきれず他の方法を使いました。

・電話をする
正直言って、繋がれば奇跡という感じに繋がりません。
しかし、繋がってしまえば話は早いです。翌日配達の手配が可能。

・Twitterのサポートアカウントにコンタクトを取る
これが一番早かったです。
というのも、Twitterでつぶやいていたら公式の方から声が掛かりました。お困りですか?と。
DMでやりとりをするのですが、反応も結構早く、ポンポンと話が進みました。
さすがに友達とChat状態のような速度はありませんが、電話よりもストレスは無いです。
ちまたでは、公式Twitterは神対応なんて言われています。
アカウントは @IQOS_Support です。


さて、本体キットの入手ですが、1年以上経った今でも入手困難みたいです。
例によって転売ヤーが暗躍していて、買い占めてはふっかけて転売しているようです。
標準キットは9980円。クーポン使えば6980円(私が買ったときは4600円引きクーポンでしたので5380円でした)。これが13000円位で売られているようです。
少し前はもっと高かったですが、今は限定色にプレミアをふっかけて売っているようです。
私は優待販売でサファイヤブルーを定価で入手出来たのですが、これは転売する気は無く、自分のiQOSが壊れたときの予備として確保しました。確か12800円だったかな。限定色なので3000円程高かったです。今見たらAmazonの出品では39800円になっていました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

RasPi3でSDR [アマチュア無線]

2017-02-12 (4).png

RasPi3にワンセグチューナーを組み合わせて、SDRを構築してみました。
リモートでWinPCから繋いで受信出来るので便利です。

RasPi3にはUbuntu MATEを入れました。
ここから入手します。
https://ubuntu-mate.org/raspberry-pi/

Versionは16.04.1 LTSです。
16GBのMicroSDカードにイメージを焼きました。
イメージ焼きはWin10 PC上でWin32DiskImagerを使いました。

次に、USBワンセグチューナーを掘り出してきて(JUNK箱に放置w)、RasPi3にRTL-SDRをセットアップしました。
参考にしたサイトはこちら。
http://inaz2.hatenablog.com/entry/2016/07/28/230210

USBドングルをUbuntuが掴んでしまうので、Black Listに追記が必要です。
これで、コマンドラインでSDRが動くようになりました。

つぎに、せっかくLANに繋がっているのでLAN越しに使えるようにします。これは簡単。
RasPiのコンソールで「rtl_tcp -a 0.0.0.0」と打つだけ。
末尾に&を付けてバッグラウンドで動作させておけば、exitしても大丈夫でした。
RasPiへはTeratermでsshで入って作業しています。
Win10側にSDR Sharpをインストールして、SourceをTRL-SDR(TCP)を選び、歯車マークをクリックしてRasPiのIPアドレスを指定。一度|>をクリックしてスタートさせ、RG Gainを中央~最大の間で調整します。75%位のところが良い感じでした。
Sample Rateは2.048MSPSでも動きますが、1024MSPSの方が安定しています。いろいろな負荷に依存する感じです。

RasPi3もPCもWiFiで繋いでいます。(APは別、PCは5G、RasPi3は2.4G)
LANケーブルで有線接続した方が安定しそうです。

屋根上のディスコーンに繋いでみると、羽田のエアバンドが良く聞こえます。
アマチュアバンドも良く聞こえます。
とても快適。

ただ、一つだけ問題が。
ある程度の時間(30分以上?)受信していると、SDR#が終了出来なくなってしまいます。Win10 X64機ではどのマシンでも同じ。■ボタンを押して受信停止すると、そのまま固まってしまいタスクマネージャーで強制終了するしかできなくなります。
SDR#のバージョンは1.0.0.1500です。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AndroidスマホでテザリングをONにしても勝手にOFFになってしまう [インターネット]

AndroidスマホをたまにテザリングONにして外出先でPCを繋いでいます。
Android7にしてからか、テザリングをONにしても数秒後にOFFになる現象が起きています。
キャリアブランドのスマホにMVNO SIMを入れている場合はAPNが固定になるのでテザリングは使えなくなるのですが、SIM Freeなので関係ないはずです。

省電力関係をいじってもダメ。
丹念にググると次の情報を見つけました。

「SecuredWiFi簡単設定ツールを削除したら治った」

さっそくやってみたところ大成功。
このツールが悪さをして、テザリングを強制OFFにしているようでした。

SecuredWiFiとは、OCNが提供している公衆WiFiの管理をするツールです。
これを入れておくと、サービスエリアに入ると自動で繋いでくれる物です。
一度ID取得して設定してしまえば削除しても大丈夫っぽい。
そもそも町中で繋がっても安定せず遅くて使い物にならない印象でしたが。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。