So-net無料ブログ作成
検索選択
新しい物好き ブログトップ
前の10件 | -

Amazonと中国のイベント [新しい物好き]

ここのとこ、Amazonで中華製品を買うのにはまってます。
主に電子部品関係ですが、バラバラにパーツを集めて組むよりも、ちゃんとした基板に組みあがったモジュール状態のものが安く出ているからです。電源モジュールなんて何個も買っています。他にもNFCタグとかも。

さて、配送が遅い中国発送ですが、極端に遅れる時期がありました。
どうも、中国のイベントに関係しているようです。

仕事でも中国のイベント(春節=旧正月と国慶節)の時は要注意となってますが、これはAmazonで買い物する時にも当てはまるようです。通常は2週間ほどで届くものが、4週間かかる事もザラでした。

今年のイベントは全て終わったみたいなので、来年のイベントを調べてみました。
この前後は避けた方がよさそうです。

7連休になるイベント
 1/28~ 春節・旧正月
 10/1~ 国慶節

3連休になるイベント
 1/1 元旦
 4/4 清明節
 5/1 労働節
 5/30 端午節
 10/4 中秋節

国慶節の時は期間中そのまま荷物が止まるようです。
配達された荷物に貼られた管理シールみたいなものを見ると、まるまる1週間保留された様子が判りました。
国慶節直前にオーダーした商品は、オーダーから3~4週間かかって届きました。
トラッキングなしのものだと紛失もあるようで、どこにあるかもわからずイライラします。しかも、同じCHINA POSTでもトラッキング有りと無しでは配達にかかる日数にも差があるように感じています。総じてトラッキング有りの方が1週間ほど早めです。

最後に、面白いものを見つけたのでポチ。
http://amzn.to/2g9sYeL

エフェクターやラジオでよくつかわれている006P 9Vの充電式でLi-ionタイプ。
ここまでは最近よく見かけるのですが、これは下の方にMicroUSBジャックがあるのです。
そう、USB充電できる角電池。容量は他のLi-ion型(おおむね600mAhが多い)に対して400mAhと少なめですが、それでもNiMHの200mAhよりもずっと多いです。
さて、使いものになるか。届いてからのお楽しみです。

nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

ZenPad8 LTE - DELLのAndoroidタブレットがあまりにも残念だったので、買い換えました。 [新しい物好き]

DELLのAndoroidタブレットがあまりにも残念だったので、買い換えました。安かろう、悪かろうです。DELLはIntel ATOMが使われていてメインメモリーは1GB。最適化というところでもIntel CPUはARMまでいっていないようです。噂ですが。ごく一部ですが、ARMでは動いてATOMでは動かないアプリもあるとか。

今度のはサクサクで絶好調です。

ASUSのZenPad 8 LTEという機種で、8インチ(1280x800)のタブレットです。CPUは4コアのARM系で、クアルコムのスナップドラゴン1.2GHz。メインメモリーは2GB、内蔵ストレージは16GBです。OSは5.02のLollipopが入っています。
このあたりが、現在での最低ラインじゃ無いでしょうか。
メインメモリーは絶対に2GB以上を選ぶべきです。
ほんと、1GBはストレスでした。
あとちょっと足りない状態。
ZenPadはLTE対応モデルにしたので、SIMを入れれば外でも使えます。XPERIAの方を音声付きSIMに契約変更したので、今まで使っていたデータ専用SIMに下駄を履かせて入れています。このデータSIMはいずれ解約予定。このままでも容量シェア450円で使い続けられますので、ちょっとの間はお試しでそのまま使ってみようかと。
ZenPadのSIMは一番小さいnanoだと思っていたら、その1つ上のmicro(mini)でした。DELLのVenueもmicroだったので、このサイズだとnanoにする必要は無くみんなmicroみたいですね。
ゆえにZenPadにはnano→microの変換を当てて入れています。容量シェアの状態で普通に通信出来ています。
同じASUSのNEXUS7も検討したのですが、Google純正指定ということを除いてデメリットが大きかったのでやめました。MicroSDカードが使えないというのが大きいです。ジュークボックス代わりになりません。他はスペック的には良く安くて見よく的だったのですけどね。
ZenPadは狭額縁でスタイリッシュですね。ボディカラーも3色(ブラック、シルバー、ホワイト)が選べるのですがブラックにしました。DELLみたいにレッドがあったらレッドにしたのですが。VAIOと揃えて。
スピーカーはフロントに付いているので音は聞きやすいです。ヘッドフォン端子の音もタブレットとしては良好。
結い位置の難点というか、うーんと感じたのは電源ボタンの位置かな。右側面の真ん中にあるので、ケースの開け閉めでや持つときに触れてしまいがちです。
まだセットアップしてUpdate放置で一晩経った状態なのであまり触っていませんが、DELLの時に起きていた「すぐにもっさり」は起きていないようです。さすが2GBのメインメモリーです。
ブラウザ、Facebook、Twitter、メールあたりを行ったり来たりし出すとあっという間にもっさりになって、アプリ切り替えに30秒待たされることも良くありました。こうなったらメモリー解放操作をして、バックグラウンドタスクをKillしてやらないとなりません。特にFacebookアプリがメモリーを食うみたいで、これが絡むと厳しかったです。インストールしてあるだけで動作が重くなります。
逆に、アプリをアレコレ入れずにシンプルに使うにはまあまあでしたが、私の用途には全く駄目だったようです。(このDELLどうしようかな。Venue 8 ATOM LTEです)
ZenPadはAmazon経由でビックカメラで買いました。
これが一番安かったです。27800円。
ビックカメラ直だと3万超えています。やっぱAmazonは謎だ。
画面フィルムが付属していましたが、このサイズでは埃がどうしても入ってしまって難しいです。直せば直すほど埃が増えていくので断念しました。考えてみればガラスなので、そうそう傷は付かないんですよね。落としたら割れるのは同じですし。
他の付属品としては、小型のAC-USBアダプターとUSBケーブルでした。付属品もシンプルですが、必要最低限は揃っているので迷うことはありません。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

AKAI EWI-5000(ウインドシンセ)がタイムセール中 [新しい物好き]



今夜22時頃までの数量限定で74,800円です。通常価格は86,820円。
リンクを開いて(Amazonで買うボタンでは無く、型番のところをクリック)、右にある「タイムセール対象商品を見る」をクリックすると特別価格の購入ページに飛びます。
欲しいなー。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

買わないけどiPhone5sの話 [新しい物好き]

docomoがついにiPhoneを扱うことになりました。
これを心待ちにしていた人、けっこういるようですが。

が、回りの様子を見ていると色々とネガティブなことが書かれていますね。
まず、iPhone5s自体の進化があまりないと言うこと。
確かにデザインは5と殆ど変わらず、CPUが早くなって64bitになったと言われてもピンときません。

さておき。

docomoでiPhone5sの扱いが始まるわけですが、色々と制約が有るみたいですね。
Appleとの交渉も大変だったみたいですし、docomoの目指す方針もありますから。

で、その制約の中で大きなのがいくつか目にしたので書いておきましょう。

・SPモードメール(docomo.ne.jp)はすぐに使えない(10/1から)
  これは、9/20に手に入れてもPush型のキャリアメールは10/1まで使えないと言うこと。
  50MBまではdocomo.ne.jpに来たメールを保存しているらしい。
  対応するまではiPhone付属の純正メールソフトで、定期的に新着確認をするしかないみたい。
  まあ、10日ほどの我慢なのでたいしたことないかもしれませんが。

・SPモードでしか接続できない
  これは何を言っているかというと、最近流行のdocomo回線を使ったMVNOで980円のSIMとか。
  あれが使えないと言うことです。どうやらAPN設定が固定になっているっぽい。
  docomo純正のiPhoneで安いデータSIMで回すって事は出来ないと言うこと。
  docomo純正契約のみというわけです。

・SIMロック解除はしない
  他のスマホは手数料を払えばSIMロック解除をしてくれますが、iPhoneだけはだめだそうです。
  わざわざdocomo選んでSBMに行く人もいないと思いますが。

というわけで、docomoユーザがiPhoneが使いたいが為にauやSBMに移った人が、回線に不満があってdocomoniに戻りたい、そんな人のためのiPhoneのようです。現にdocomoは「お帰りなさいキャンペーン」なんてのをやるみたいですし。

純正契約(という表現も変ですが)以外では、今まで通り香港からSIMフリーiPhoneを買ってきて好きなSIM入れるのが良いというわけですね。値段の実は大して変わりません。一括だと10万円くらいですから。

NEWSでは総販売量との比率を1/3がiPhoneになるようにするみたい。元は1/2をコミットさせられる話だったようですが。これは1/3売ったら終わりというのではなくて、販売促進をコントロールしてこの比率で売り込むという事です。比率が1/3超えるとdocomoとしてもオリジナル部分へのダメージがあるので、販売奨励金を減らすとかしてAndroidに傾けるような販促に移っていくでしょうし、思いの外iPhoneが売れずAndroidばかり売れるようなら販促をiPhoneに厚くしてコミットを守れるようにするでしょう。こういうやりかたがケータイビジネスの世界です。

さて、国内勢のメーカーはどうなるでしょうね。
思惑通りiPhoneで顧客獲得が挽回できるか、それとも今までみたいに「行ける」と信じてたのが滑るか。

ちなみに新OSのiOS7は、iPhoneは4以降、iPodは第5世代以降、iPadは2以降が対応。iPod 第4世代(私がもってるやつ)はiOS6で終了です。

そうそう、廉価版と言われていた5cですが、中国では総スカンらしいですね。あまりにも高すぎて。
中国では2年縛りで実質$99というのはやらないらしく、一括のみみたいです。それが日本円で6万円代。1ヶ月を超える給料相当とか。$399程度でないと無理という話みたいですが、中国ではiPhoneを持つのはステイタスらしいので、ブルジョワな方や背伸びした人は、それでも買うのでしょうね。が、Appleが考えている中国市場でのシェア獲得にはほど遠い結果となりそうです。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

XPERIA SXに集約完了 [新しい物好き]

WalkmanとiPodとモバイルルータを1つにまとめたく、XPERIA SXを入手しました。
Walkmanにはカメラが無く、iPodは音が悪く、全てに満足するのがXPERIAでした。
回線契約無しの白ROMです。

モバイルルータはb-mobile時代からMF-30を使っていました。
それをSo-netモバイル3Gに変更しました。
今回、LTEも始まった事でminiSIMに交換してもらい、XPERIAにセット。
接続パスワードのど忘れでトラブりましたが、無事XPERIAで3Gネット接続ができるようになりました。

また、Netで調べたroot化手段によりSo-net SIMでもテザリングできるように規制解除。
テザリングをONにしてもエラーにならず、ちゃんと使えました。

MF-30の方は、SIMアダプタを併用して差し込むだけで動きましたので、何かの時にはSIM差し替えでこのまま活用できます。

XPERIAはWiFiに繋がっていると通信は3Gを使わずWiFiを使うように自動的に切り替わるようです。使わないときはそれぞれをOFFにしてやった方が電池は持つのでしょうが、とりあえず全てONのままで電池がどれくらい消費するかを見てみたいと思います。
WiFiのみのときは、たまにメールを確認するのに操作する程度ですが10時間くらい持ちました。

この機種(XPERIA SX)は電池交換もできるので、予備バッテリーを持っていても良いです。モバイルバッテリーもありますが、一番良いのは、モバイルバッテリーからバッテリーパック単品に充電することでしょう。ちょうど良い物がないので残念ですが。

DSC_0010.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モバイルバッテリーのインプレ [新しい物好き]

いろいろなメーカーからいろいろな物が出ています。
iPodやb-mobileiルータ、ガイガーカウンターの電源に使っています。
いくつか買って試してみたので紹介します。


イチオシはこれ。
出力は5Vで1Aまで。USBポートは1つ。電力は10Whあります。
Qi(チー)による非接触充電にも対応していますが、それは未経験です。
ACアダプタが付属してて、AC充電なら急速充電されます。MicroUSBが充電端子になっています。
USB-MicroUSBケーブルも付属していて、これですとPCから充電することも可能ですが時間は7時間かかります。汎用のAC-USBアダプタからも充電できました。
電源スイッチがあるのがなにげに便利です。
LEDの3色表示で残量が判ります。(赤<橙<緑)


単3アルカリやエネループ等のNiMHを4本入れて使います。
お手軽ですが、Li-ionに比べると大きく重くなります。
なんと言っても値段が安く、手持ちのNiMHが使えるのは魅力。
充電は本体では出来ないので、電池を取り出して別の充電器で充電を行います。
5Vで1A出力。エネループですと10Wh弱なので、前出のLi-ionタイプとほぼ同容量です。
これも電源スイッチが付いています。電源が入るとUSB出力部が青く光ります。
そっくりなものがサンワサプライ以外(ELECOMだったかな)からも出ていますが、そちらの出力は0.8Aです。



お手軽さNo.1と思ったのですが非力でした。
出力は5Vの0.5A。単4を2本なので、容量は2.4Whです。(前出の1/4)
出力が弱いようで、NiMH使用時でも電流を取り出すと5Vから低下します。
消費電流250mAのガイガーカウンターは電圧不足で動作不安定でした。
iPod充電には使えるようです。
充電機能も内蔵されている(PCのUSBに挿すだけ)のだけが利点ですが、私の用途にはちょっと足りないようです。

他にも100均で手に入る単3電池2本でUSB出力する物もいくつか試しましたが、いずれも出力は弱いです。
元の電圧が電池2本では5Vで0.5Aを出力するのもかなり無理がある感じでした。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ソニータブレットのキャリングケース [新しい物好き]

例によって新しい物好きなので、例外なくソニータブレットを購入。
そういえば、クリエも初代から買いましたっけ。

オプション購入したのはクレイドルのみ。
純正のキャリングケースはかっこよいけど恐ろしく高い。本体の2割程度の値段というのは許せません。
封筒型の簡易なケースを探してAmazonをうろうろ。で、寸法的になんとか入りそうな物を発見して注文しました。

届いてみるとピッタリ。
ちょっときつめだけど、伸縮性があって楽に入りました。長手方向もちょうど良い感じ。



500円弱ととても安価。

DSC01083.jpg
投影寸法はピッタリ。厚さが心配でしたが・・・

DSC01081.jpg
きっちり入りました。

「とりあえず、安価なケースが欲しい」という方にオススメです。
100均でも近い物が売っていると思いますが。


さて、1週間ほど使ってみての感想。
UIの作り込み(フィーリング)はAppleに及ばず。細かいところの操作感はAppleの方が断然良いです。
特にスクロールさせるとき。指を当てている角度が変わるとタップになってしまうことがしばしば。
あと、無線LANが弱い。感度が悪い。説明書を読むと、左手持ちの縦位置で使う場合のグリップ部分左下側面にアンテナが入っているようで、これはまるでiPhone4のミスと同じな感じ。しかも、握らなくても感度が悪い。
さらに無線LANが一度切れる(スリープさせるとか)と、親機と繋がるのに時間がかかったり、繋がらなかったり、すぐに切れたりと非常に不安定。バッファロー、NEC、プラネックス、いずれも同じ。NECが割と安定して居る感じですが、どれも似たり寄ったりの相性を感じます。いずれも11nです。
色々といじって判ってきたこととしては、「40MHz(倍速)にすると不安定」「ANY拒否にすると繋がらない」「無線Chとの相性がある(偶数chが弱いような)」と、細かいところを追い込むと、割と安定してくるようです。
その他、電源コネクタが特殊で、専用ACアダプタしか使えないところ。クレイドルに穴を開けてEIAJ #2を付けてしまおうか、ACアダプタのケーブルを途中で切断して、EIAJ #2のプラグとレセプタクルを付けてしまおうか、なんて言うことを考えています。電圧はType-PやType-Xと同じなので、そのACアダプタを流用したくて。あと、車で使う時に(AC100Vあるけど)、自作DC/DCで繋ぎたいというのもあり。

とまあ、さっそく色々といけてないところが見えていますが、このサイズと操作感は、iPod touchよりも良いです。特にリビングのソファーに寄りかかりながら、だらだらとYoutube見たりWeb見たりTwtterで遊んだりするにはぴったりな感じ。
逆に、電車の中では大きすぎて周りに邪魔になりそうなので、iPodがベストという感じです。

DSC01085.jpg
巨大なhp48はいかが?

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

auのWiFi WIN [新しい物好き]

WiFi WINサービスに関するメモ。

WiFi WINサービスは、月額525円のオプション。
自宅のInternet回線や公衆無線LAN、モバイルルーターでWINサービスを使用することができる。
3G携帯回線の代わりにWiFi回線を使うイメージ。
WiFi接続中はパケット代がかからない。
使えないサービスは1つだけある。GPS機能はWiFi接続中は機能しない。(3G回線を使わないため)

ソニエリS007を使用。
WiFiアクセスポイントは複数登録でき、接続の優先順位も設定できる。
モードは3つあり、「自動(小電力)」「自動」「手動」が指定できる。

・自動(小電力)
  普段はWiFi切断状態で3G待ち受け。
  操作時に自動的にWiFi APをサーチして、見つかれば接続してWiFi回線になる。
  ケータイを開いてから繋がるまで少し待たされる。
・自動
  積極的にWiFiに繋がる。
  待ち受け時でも繋がりっぱなしになる。
  消費電力が増えるので、電池が減る。
・手動
  WiFiに繋ぎたいときだけ手動で繋ぐ

WiFi接続でWINサービスを使っているとき(通信中)、APから切断されたときはその旨ポップアップメッセージが出て通信が中断する。勝手に3Gに切り替わってパケットを使い出すことはない。

WiFi接続で全ての事ができる感じ。
メールも、Webも普通にできる。しかも、3G回線より速い場合が多い。
最初に書いたが、GPSを活用する物はダメ。

モバイルルータにWiFi接続する事も可能で普通に使えた。
b-mobile(docomo回線)ルーターに繋いで、WINサービスを使うこともできた。
b-mobileは300kbpsと遅いけど、メールやTwitterだけならたいして遅く感じなかった。
UQ WiMAX経由は試していないけど繋がると思う。


ついでに公衆無線LANについて。

公衆無線LANはWi2というプロバイダを契約してみた。職場から繋がるため。
Wi2は月額380円ぽっきり。初月無料。最大300Mbpsと書いてある。
Livedoorとソフトバンク、そしてUQ WiFiにローミングしているので、Wi2のAPが無くても、Livedoor(livedoor-web)やソフトバンク(mobilepoint)、UQ WiFiのサービスエリアでも使えるので結構便利。
電波が弱いところでも1~2Mbps、早いときは3Mbps以上出ている。電波が強ければもっと出るだろう。

公衆無線LANは自宅プロバイダのSo-netでも提供しているが、So-netのは1社しか選べない上に値段が同じだった。Wi2がローミングもあってお得に感じたので契約してみた。
ちなみにいつでも止められる。

Wi2は多重Loginができているような気がする。
同時にデータを流したことはないけど、PCとiPodとケータイが全て同時に繋がる。
1カ所で同時に使っていて、接続APが同じだからかもしれないけど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

iPod Touch [新しい物好き]

WiFi回線さえあれば、便利なポケットブラウザとして機能。
外ではあまり使わない人には特にお勧め。
外でも使いたい人はWiMAXやb-mobileのWiFiルータが便利。
ケータイで全て済ますよりも年間コストはグッと下がります。

もともとiPodは音楽プレーヤーですが、音質は前よりもよくなったとはいえ、まだまだWalkmanに歩がありますね。Bluetoothで繋いで聴くと音質がよくなるそうですが。(当然、そのBluetoothレシーバーは音質が良いものを使うこと)
私は音楽プレーヤとしては全く使っていません。メールとWebのブラウジング。
文字入力はやりにくいです。なので、文章を打つときはVAIO-Pを愛用。

ケータイは連絡用。
iPodはメールとWebのブラウジング用。
VAIO-Pは文章を書くとき用。
ネット回線はWiMAXとb-mobileを併用。
音楽聞くのはNetowrk Walkman+ノイズキャンセルヘッドフォン。

これが最強だと思います。









nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

敵を知ることも必要だと思う [新しい物好き]

深センのFOXCONNから上海経由で届きました。

IMG_0433.JPG
こんな小さな箱で来ました。

IMG_0434.JPG
ダンボールを開けると、中には白い物体が。

IMG_0436.JPG
これですべて。

IMG_0439.JPG
くるんであるシートを取りました。
シャレてますね。

IMG_0446.JPG
中をひらくとこんな感じ。
ケースを止めているテープ1つとっても、なかなか気が効いています。

IMG_0447.JPG
真っ白なリンゴシールが付いています。
Mac買った時も付いていますね。(私の時代は虹色リンゴでした)

IMG_0451.JPG
裏はこんな感じ。
梱包も凝っています。

IMG_0454.JPG
宿敵VAIOと繋いで(笑)、iTunesとSync中。










なんか、違和感を感じるって?
ちょっと戻ってみましょう。










IMG_0451.JPG
これ?









IMG_0443m.JPG
ん?


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 新しい物好き ブログトップ