So-net無料ブログ作成

RasPi3でSDR [アマチュア無線]

2017-02-12 (4).png

RasPi3にワンセグチューナーを組み合わせて、SDRを構築してみました。
リモートでWinPCから繋いで受信出来るので便利です。

RasPi3にはUbuntu MATEを入れました。
ここから入手します。
https://ubuntu-mate.org/raspberry-pi/

Versionは16.04.1 LTSです。
16GBのMicroSDカードにイメージを焼きました。
イメージ焼きはWin10 PC上でWin32DiskImagerを使いました。

次に、USBワンセグチューナーを掘り出してきて(JUNK箱に放置w)、RasPi3にRTL-SDRをセットアップしました。
参考にしたサイトはこちら。
http://inaz2.hatenablog.com/entry/2016/07/28/230210

USBドングルをUbuntuが掴んでしまうので、Black Listに追記が必要です。
これで、コマンドラインでSDRが動くようになりました。

つぎに、せっかくLANに繋がっているのでLAN越しに使えるようにします。これは簡単。
RasPiのコンソールで「rtl_tcp -a 0.0.0.0」と打つだけ。
末尾に&を付けてバッグラウンドで動作させておけば、exitしても大丈夫でした。
RasPiへはTeratermでsshで入って作業しています。
Win10側にSDR Sharpをインストールして、SourceをTRL-SDR(TCP)を選び、歯車マークをクリックしてRasPiのIPアドレスを指定。一度|>をクリックしてスタートさせ、RG Gainを中央~最大の間で調整します。75%位のところが良い感じでした。
Sample Rateは2.048MSPSでも動きますが、1024MSPSの方が安定しています。いろいろな負荷に依存する感じです。

RasPi3もPCもWiFiで繋いでいます。(APは別、PCは5G、RasPi3は2.4G)
LANケーブルで有線接続した方が安定しそうです。

屋根上のディスコーンに繋いでみると、羽田のエアバンドが良く聞こえます。
アマチュアバンドも良く聞こえます。
とても快適。

ただ、一つだけ問題が。
ある程度の時間(30分以上?)受信していると、SDR#が終了出来なくなってしまいます。Win10 X64機ではどのマシンでも同じ。■ボタンを押して受信停止すると、そのまま固まってしまいタスクマネージャーで強制終了するしかできなくなります。
SDR#のバージョンは1.0.0.1500です。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。