So-net無料ブログ作成
検索選択

S-PIXIE(ピクシー) CW QRP トランシーバー [アマチュア無線(自作)]

一部で噂のQRPトランシーバーキットを入手してみました。

Amazonで512円です。
http://amzn.to/2fROrM3

11/19にポチって12/3に届きました。
中国発送なので時間掛かります。

届いた品物は部品だけ。
資料は一切付属しておらず、基板のシルクもREF番号のみなので、このままでは組めません。
がしかし、ググると回路図が見つかりました。回路図からBOMリストを起こしました。
このPIXIEにはいくつかのバージョンがあるようですが、私が入手したのはサイドトーン付きの最新版みたい。

S-PIXIE-CW-QRP_SCH.jpg

S-PIXIE_BOM.PNG

さて、組み立ててスプリアスの測定をしてみましょう。

pixie.gif

予測通り、これでは免許下りません。

2倍:13.46dBc
3倍:36.91dBc
4倍:45.36dBc

50dBc確保するには、約40dBのLPFが必要。
ただし、PIXIEは1W以下なので高調波は50μW以下。

1mWが0dBmなので50μWは-13dBmになります。
2倍高調波の実レベルはATTを30dB付けて測っているので-21.4+30=+8.6dBmになります。
これを-13dBmに落とすには8.6+13=21.6dBなので、14MHzにおいてこの減衰量になるLPFを付ければOKとなります。

電源9Vで300~350mW出ています。
12Vにすると発熱が凄いのでやめた方が良いです。
電源逆接保護のブリッジダイオードはジャンパーしました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。