So-net無料ブログ作成

Linux機のHDDが壊れたので再構築 [パソコン]

自宅サーバのLinux機(Fedora15)のデータHDDが壊れました。
RAID-1ミラーリングの片肺。

Amazonで新しいHDDを探してみると、WD Blueが2TBと3TBでは180円しか値差がありませんでした。
とうぜん、3TBを買います。(実はこれがのちのち嵌まる原因に)

まず、壊れたRAIDセットをPCから外して、外したところに新しい3TBのHDDを2本セット。
マシンを起動させるとマウントエラーが出るどころか止まってしまって先に進みません。
空いているSATAポートに生きている旧HDDをさらに繋いで起動。
普通に起動しました。

※rootファイルシステムは別の160GB HDDです。これは丈夫ですね。

新しい3TB HDDを初期化して新しいRAIDを組みます。
どうせ、生きている1本もそのうち壊れるでしょうから総入れ替え作戦。
※このHDDは5.4年稼働しました。SeagateのBaracudaです。

FedpraのGUIツール「Disk Tool」では初期化もRAIDアレイ処理もエラーでだめ。
ここでグーグル先生の登場。やはり、2TBの壁にぶち当たっていました。

shellコンソールを開いて手打ちで処理。
partedというコマンドを使うようです。

$ su -
# parted /dev/sdb

(parted) mklabel gpt
(parted) unit GB
(parted) mkpart primary ext4 0 3001
(parted) print
(parted) quit

同様にもう1台の方も処理します。

# parted /dev/sdc

(parted) mklabel gpt
(parted) unit GB
(parted) mkpart secondary ext4 0 3001
(parted) print
(parted) quit

これで2本のHDDがそれぞれGPTでパーティションされました。
このあとRAIDアレイを組むので不要ですが、念のためファイルシステムを作っておきます。

# mkfs -t ext4 /dev/sdb1
# mkfs -t ext4 /dev/sdc1

次にRAIDを組みます。

# mdadm -C /dev/md1 -l1 -n2 /dev/sdb1 /dev/sdc1

これで/dev/md1ができます。
ディスクツールGUIで見ても正常に作成されて、構築が走り出しました。
あとは古いHDDからtarで一気にコピーしてやります。

※この前に、昨夜のうちに外付けNASにバックアップしてあります。(コピー中に壊れた場合の救済用)

古いHDDは/mnt/raidにマウントされています。
新しいHDDを適当なマウントポイントにマウントします。

# mkdir /mnt/raid_new
# mount -t auto /dev/md1 /mnt/raid_new

# cd /mnt/raid
# tar cf - . | (cd ../raid_new/; tar xvf -)

あとは終わるまで待つだけ。
ここでもし旧HDDが死んだらバックアップのNASから書き戻すだけです。
いくらGbEとはいえLANなのでSATA直結よりは遅いですから、可能な限りHDD→HDDでやります。

さすがにSATAとはいえ1.2TBのコピーは時間が掛かります。
寝るまでには終わるかな。

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 4

JH0UVW

コピー時間 どのくらいでした?
by JH0UVW (2016-09-19 18:49) 

sawada

HDD→HDDは寝ている間にやったので正確な時間は解りませんが3~4時間でしょうか。最後にエラーを吐いたので使うのをやめました。
壊れてすぐNASにバックアップしてあった物(tarで固めてある非圧縮版で約1.3TB)は、GbE経由でHDDに展開して355分でした。timeコマンドで計測しました。
NASはNetgearのReadyNAS104で、アレイ構成はRAID-1/0です。
by sawada (2016-09-19 19:30) 

JH0UVW

3-4時間とは速い
私の場合16時間くらいでした
2G HDD-usb-PC-有線LAN -ReadyNAS104 RAID10

時期的にそろそろ逝きそうなHDDがあるので
by JH0UVW (2016-09-19 23:19) 

sawada

USBが2.0だと速度出ない(いいとこ20~30MB/s)だからじゃないかな。うちはLinuxだったけど、HDDはSATA接続、Linux-PCとNASはGbEだからかなりの速度が出ていました。ReadyNAS104は遅い方だけど、処理の軽いRAID-1/0だというのも貢献しているかも。
RadyNAS導入当時、試しにRAID-5やってみたけど初期化だけで何日もかかるのでやめました。RAID-5は痛い目に遭っているので使う気無かったけど。
by sawada (2016-09-26 22:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。