So-net無料ブログ作成

Windows10 [パソコン]

Windows10がリリースされました。
まずはWin8.1タブレットに入れてみようと思って実行。

うまくいきません。

Microsoftのサイトからインストールメディアを作成するツールをダウンロードしてUSBメモリーに入れました。
これを使ってやろうとしているのですが、

まず、3GBの空き容量が必要との頃で、アプリをアンインストールしたり、仮想メモリーを最小にしたりしてなんとか3.5GBの空きを確保しました。
タブレットはDiginnosのeMMCが16GBと小さなPCです。

USBからsetupを起動すると「作業フォルダーの初期化に失敗しました」と出ます。
Win10アップグレード予約をしているのですが、全部落ちきっていないのでMSからパッケージをダウンロードしたのですが。

USB起動ならどうかとおもって、BIOS設定を変更してUSBメモリーから起動。
順調に質問に答えていってアップグレードインストールを選ぶと終了してしまいます。
USBきどうだと新規インストール(今までの環境を引き継げない)しかできないようです。

中途半端にダウンロードされたパッケージのフォルダーを見つけました。
これが原因かもしれません。Cドライブ直下に「Windows.~BT」というフォルダと「Windows.~WN」というフォルダーがありました。これを削除。
USBメモリーの中のx86フォルダーの中のsetupを実行。「準備中(xx%)」が進んでいます。10%いかないうちに「作業フォルダを初期化出来ません」が出ていましたが、これはどんどん進んでいます。USB2.0なのでめっちゃ遅いですが。

だめでした。
まだCドライブの空きが足りません。

整理すると、

・アップグレードパッケージのダウンロードに3GB必要
・アップグレード作業にCドライブには9GBの空きが必要(自動生成されるWin8のバックアップ含め)
・単体でアップグレードするには12GB空いていないとできない

Diginnosは16GBのストレージが乗っていて、そのうち6GBがリカバリー領域に、残り10GBがユーザーエリア。OS含めて10GBしかありません。よって、16GBストレージのDiginnosはWin10が使えないと言うことになりました。

また、Win10の必要要件として、32bit版は16GB、64bit版は20GB必要とのことで、クリーンインストールするにも足りないことが判明。こんなことならすぐに買わないで32GBストレージ版が出てから買えば良かったかもしれません。

他のPCはドライバの関係でWin10を試すことができません。
とうぶんお預けですね。



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

sawada

その後、なんとかかんとかDiginnosをWin10にする事ができました。しかし、いろいろな理由でWin8に戻そうとするにも大変な苦労が待ち構えていました。

Diginnos本体のCドライブに空きを作り、MicroSDカードも活用してアップグレードインストールは成功しました。しかし、タブレットスタイルの自動画面回転が機能しなかったとう、微妙なところで不具合が起きてしまいました。

元のWin8に戻しました。
ここでは、さらにCドライブの空きを要求され、インストール時のバックアップフォルダ等も要求されたため、USBメモリーを挿して実行するも、ACアダプターを繋いでいないとダメだと中断されてしまいました。タブレットはUSBが1つしか無く、ACアダプターと兼用です。MicroSDにUSBメモリーの内容をコピーして、MicroSDから読ませるようにしてやることでUSBポートにACアダプタが接続出来て実行が継続出来ました。

しかし、大きな問題に気が付きました。
Win10にアップグレードしたときに、Diginnosのリカバリー領域が消去されていたのです。つまり、このDiginnosは二度と出荷時リカバリーができなくなりました。
おそらく、Win10にするときに容量が足りないため、未使用と判断されたリカバリー用の6GBが転用されてしまったようです。どうりでCドライブが増えているわけでした。

Cドライブに余裕のある通常のPCならこんな事件は起きないでしょうし、そういう話は聞こえてきていません。小容量のタブレットでは十分注意しないと大きなトラブルに巻き込まれる可能性があります。

ご注意を。
by sawada (2015-08-17 17:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。