So-net無料ブログ作成

Diginnos Win8タブレット [パソコン]

Win8tab.jpg

税込19500円のWindows8タブレット。
ATOMのクアッドコアに2GBのメインメモリー。
ストレージは16GBのeMMCとしょぼいけど、この値段でこのCPUとメモリーは魅力。
もっと安い(1万円台前半)のもあるけど、それらはみなメインメモリーが1GBときつすぎる。

EWIの音源に使いたく、試しに購入してみました。
Reaper4.xxとIFWを快適に動かせるか?

快適に動かせた!!

厚さは8.5mmと超薄い。
これで実利用時間が8時間とは素晴らしい。

唯一の難点はステージの少なさと、電源供給(充電)が1つのUSBポートで共用されていること。
このケーブルが使えればよいのですが...
http://www.oval-multimedia.jp/SHOP/MUSBOTGCC30CM.html

とりあえず、Reaper 4.xxとIFWをセットアップし、ASIO4ALLを入れて、USB OTG変換でUSBハブをつないで、ハブ先にUSB-MIDI(Roland UM-ONEmk2)とSoundBlaster X-Fi Go! Pro r2を接続。無線MIDIレシーバーの電源も取れた。
この構成でオケをmicroSDに入れて演奏OK。
USBオーディオを使わずに内蔵サウンドチップだと音がブツブツ切れる。これはCPUパワーが足りない音ではなくて、サンプリング周波数があってない時に起きる挙動。どうやら内蔵チップは48KHz固定みたいだ。これを44.1KHzから変換するにはCPUにやってもらうしかない。しかし、それをやると大きな遅延が起きる。そういうwけで、外付けのUSBオーディオを使ったわけだ。

さて、他にも必須ツールをいくつか(秀丸、TeraTermPro、秀 8 Menu)を入れて使い始めた。
Windowsなので、やはりタッチ操作よりもマウス&キーボードをつなぎたくなる。マウスはBluetoothでつないだ。キーボードは今のところなし。

いじり倒しているわけだが、どうういわけかSleepに入らなくなってしまった。(※追記:治った)
先の必須ツールを入れる前は動いていたから、このどれかが悪さしている可能性がある。秀8Menuかな。それとも、電源設定をいじってからか。
電源ボタンを押してもSleepになってくれない。時間が経過してもSleepしない。電源長押しでShutdownはできるのでそれで対応している。かなり不便だが。
(※)ASIO4ALLをアンインスコ→再起動→電源オプション初期化→ASIO4ALLインスコ→電源オプション変更(AC時だけSLEEPしないに)


他は大満足だ。
アレもしたい、コレもしたいと考えなければ16GB(ユーザーエリア10GB)でも十分使える感じ。
自炊したPDFもきれいに快適だ。



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。