So-net無料ブログ作成

【デジ簡】 IC-DPR3 [デジ簡・特小]

誰でも登録するだけで使えるデジタル簡易無線は、今までは5万円前後して業務機なのでごっついものばかりでした。が、アイコムから3万円前後で買える、お手軽な機種がでました。早速入手。

発売になったばかりのアイコムIC-DPR3と、YAESUのVXD-10の受信感度比較をしています。

2013-03-02 20.06.14.jpg

接続は、(5エレヤギ)→(10dBステップのATT)→(1dBステップのATT)→(分配機)→(デジ簡)です。
丁度10dBのATTを入れると聞こえなくなる局の交信を見つけたので比較を開始。1dBづつATTを増やしていくと、3dBまでは変わらず、4dB付近から若干の差が出始めました。感度はどちらも殆ど同じですが、あえて言えばIC-DPR3の方が良い感じです。実際には1dB程度の差となるので解らないでしょう。

IC-DPR3で面白いのはスキャン機能。
スキャンは2種類設定でき、1つめはプライオリティスキャンで、指定CHと交互に受信するスキャン。もう一つがチャンネルスキャンで、任意のチャンネルを指定して(複数可能)スキャンする機能です。このチャンネルスキャンが無線マニアにはGood。私は全チャンネルをスキャン対象に設定してグルグル回しています。

DPR3は取説も読まずに電源を入れたのですが、音量つまみが電源SWを兼ねているのですね。どれを押しても電源が入らないので戸惑いましたが、一般にはこれがわかりやすいのでしょう。

OptionはD-STARのID-31と全く同じで、付属のバッテリーパックも同じ。急速充電スタンドも同じです。共用できるので便利。
唯一の欠点は、この手の業務機では当たり前なのでしょうが外部電源端子が無いことです。ID-31は12Vが入れられるのですが、DPR3はバッテリー専用です。
それと、VXD-10にはある「送信禁止」の設定がないこと。普段は使いませんが、このように感度比較をするときは欲しくなります。


私は包括登録をしているので、本日から15日以内に開設届けを出せばOK。使用は今すぐに可能です。まだ送信していないので、最初に送信してから15日以内でOKでしょう。さて、第1報はいつかな? 1Wのパワーの具合にも興味があります。

とにかく、軽くて小さくて良いですね。
自宅と車にはVXD-10、持ち歩きはIC-DPR3で確定しそうです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。