So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

ソーラー発電(太陽光発電)ノイズ【2章-2】 14MHz帯 [アマチュア無線]

201408301200.jpg

隣接するレオパレスに「増設」されたソーラー発電ノイズですが、天候が悪いため被害の詳細はまだ完全に把握できていません。しかし、ざっくりとした調査ではありますが、今回は14MHz帯(国際通信のメインバンド)にのみ発生している可能性が高いことが解りました。10MHz帯(専用アンテナ無し)や18MHz帯(同)、21MHz帯(アンテナ有り)以上ではノイズが観測されません。

今回設置されたパワコンはオムロン製です。オムロンの製品カタログには他社にある「無線設備に近接する場所への設置はしないでください」の下りがありません。しかし、JP1LRT局の調査結果からは、障害が起きる可能性があることは確かで、障害が起きたら個別対応するとの回答を得ているようです。
EMCコントロールとしてはシャープよりもオムロンの方がずっと優れていると言えます。

しかしながら、近隣の強力な電波とほぼ同等のノイズ妨害を受けているのは事実で、薄曇りの天候でもSメーターは9を示しています。よって、なんらかの対策を打たない限り、14MHz帯は使い物にならないことには代わり有りません。

<追記>
昼過ぎに天候が良くなり、たまに日が差すようになりました。日曜の14時頃です。
FT-2000Dとスペアナでバンド内を観測してみると、発電量が多くなると数10秒周期で強烈なブーンというノイズが発生していることがわかりました。レベルはSメーターで9+20dBで、全ての通信をマスクしてしまいます。
帯域は14.150付近から250付近まで、スペアナでは台形の広帯域ノイズが見えます。ソレより上には存在せず、下の方含めピロピロ音だけです。非常に特徴的です。
これには参りました。全く使い物になりません。
<追記ここまで>

さて、Twitterでは色々とつぶやいて解説していましたが、なぜこのようなトラブルが「日本で」起こるのでしょうか。じつは殆ど知られていない事なのですが、この先進国「日本」においては、電波を積極的に出す機器への規制は厳しいが、それ以外の機器に対する規制は世界一緩いという現状があります。つまり、法令化されていません。
日本でもEMC(不要輻射ノイズ)に対してはVCCIという規格がありますが、これは業界自主規制です。つまり、業界団体で話し合って、このレベルに押さえて製品品質を守りましょうという紳士協定で有り、法的な拘束力はありません。
また電気製品安全法(通称、電安法)がありますが、これは短波帯(30MHz以下)の空間輻射に対する規制は規定されていません。一般的な安全(感電ややけど)に対する安全法であり、こまかくカテゴライズされています。
したがって、短波帯でのノイズに対する規制としてはVCCIにおける電源妨害(端子雑音レベル)でのみ規格が存在しています。これは機器の接続端子部におけるノイズレベルのみを規定しているため、その先に繋がるケーブル類から輻射(放射)される電磁ノイズに関しては規定がありません。これが今回問題となっています。
欧米諸国では、FCCやCEという安全規格により輻射ノイズレベルも法的に制限されています。しかし、日本にはこの規制が存在しないのです。故に、日本向けの機器は自主規制のVCCIを適用してあれば良い方で、気にしておく程度の対策で市場に出しているメーカーも多数有ります。

この問題について、家庭用ソーラー発電が始まった頃から懸念しており、色々と調べたり活動を行ってきましたが、規制が厳しくなる方法へのメーカーの腰は重く、行政も縦割り社会で(電波ノイズは総務省、エネルギーは経産省)といったこともあり、全く進んでいない、議論されていないのが現状でしょう。

昨日、私はJARLに相談メールを出しました。いろいろな理由でJARLからは退会していますが、この問題を真摯に受け取り、多くの経験とスキルがある自分と協力関係を作って問題解決に進まないか?という内容の文面です。
アマチュア無線家の中には、私のように近隣にソーラー発電が設置されてノイズ妨害を受けている人がたくさん居ます。しかし、私のように相手がレオパレスという大企業であれば対策相談をもちこむのは躊躇せずできますが、相手が一般家庭の場合は近所づきあいもありますし、言い出しにくい例が多いと聞きます。また、話をしても理解されないことが殆どで、解決の方向に踏み出すこと(施工業者やメーカーを聴くどころか、調査すらも)すらできないという話も聞きます。
※このシリーズをBlogや雑誌連載をはじめてから、全国のアマチュア無線家から何件かの相談を受けています。

JARLは前向きになってくれるでしょうか。とにかく現状は厳しいです。

アマチュア無線へのノイズ妨害は増える一方ですが、国は再生可能エネルギーを推進し、メーカーはそれに乗って多くのシステムを発売しています。施工業者もどんどん増えていて悪質な手抜き業者まで多数出てきている状態です。すなわち、日本国内は既にソーラー発電祭りで大賑わい。ここに待ったをかけることができる人は誰でしょうか。国は自分で巻いた種に水を注いでいます。メーカーは自分の首を絞めるような活動はしないでしょう。悪化のスパイラルは始まってしまったらなかなか抜けられないのは、このような事例だけではないので理解できると思います。

余談になりますが、なぜソーラー発電ばかり伸びているのでしょか。風力や地熱ももっと推進すべきです。ソーラーは太陽が出ている日中しか機能しません。蓄電装置は非常に高価です。よって、夜でも発電できる風力や、安定した電力をクリーンに確保できる地熱を「同じだけ」作らないとバランスが悪いのです。しかし、ソーラーばかりです。なぜか・・・
それは、場所さえあれば簡単に設置できるからです。並べて配線するだけ。言ってしまえば誰でもできます。仕事が減った住宅リフォーム屋がソーラー発電工事屋に鞍替えしたパターンが非常に多いそうです。目=カーの講習会を受ければ認定業者として業界に認められ、電工の資格は監督さえもっていればOK。となれば、簡単で利ざやの高いソーラーに参入するのが手っ取り早い収入確保だからです。

話は飛びましたが、世界共有の電波資源を守らなくてはなりません。時代は短波通信からGHz帯に移っていますが、これほどシンプルな通信はありません。3.11の震災を思い出してください。インフラが壊滅状態になると携帯電話は繋がりません。テレビも見れません。最初に被災地との情報網を確保したのはアマチュア無線の短波通信でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソーラー発電(太陽光発電)ノイズ【2章-1】、再び(レオパレスの悪態) [アマチュア無線]

2年前に発生した近隣のソーラー発電設備からのノイズ妨害。
アマチュア無線が使い物になら無い状態でしたが、それを1年かけて対策して落ち着いたのは記憶に新しいところです。
結局、メーカーも対策が打てず、私の知識を駆使して落ち着いた経歴があります。

ノイズ対策は非常に高度なスキルと経験が必要です。
シャープ本社でも出来なかった事が、私には出来ます。

しかし、今回は2回目。
いつの間にかパネルとパワコンが増設されていました。
レオパレス社内では2年前の事件は全く社内に残っていなく、イケイケドンドンで嘘をついてでも施工を続けています。

前回の顛末はこのBlogに記すと共に、三才ブックスの「ラジオライフ DX」に連載しました。
それでも、です。レオパレスは全く懲りていないというか、正直バカですね。
あきれかえって物が言えません。

https://www.youtube.com/watch?v=xlBK9xlFOy0
8月30日の状況。天候は曇り。発電量は1台当たり2KW程度(合計8KW程度)。

~~~

7月27日。

アンテナメンテナンスのために屋根に上がって、パネルが大増設されていたことを知ります。
もちろん、うちには何の連絡もありません。「工事でご迷惑をおかけします」の案内も無し。
DSC04075.JPG

パワコンも増設されています。
左の立て3列が増設されたOMRONのパワコンです。配管を見るとノイズ対策はされていません。
まだ、電力メーターが繋がっていません。
DSC04085.JPG

グリッドへの接続もまだです。
DSC04083.JPG

今週、バケット車が来てグリッド接続の工事をしていました。
週末から運転開始される可能性が高く、週末を待っていました。

本日、14MHz帯で10KHz周期にSSBで聴くとキョロキョロという強いノイズが聞こえました。
スペアナで確認するとこんな感じ。
201408301200.jpg

FT-2000DにしょぼいV型ダイポールでS7-9振っています。

発信源を完全特定するために、静電シールド型微小磁界ループを持って外に出ました。
このサーチプローブは職場でも使っているのと同じ仕様で作った物です。職場も自作です。
FT-817で周波数と音調を確認。特定できました。
2014-08-30 12.32.35.jpg

2年前のいきさつは最後にURLを列記しますが、レオパレスは大嘘つきで約束を全く守りません。
また、トラブル事例を社内で共有することもせず、とにかく金・金・金なのでしょう。
メールや郵便といった文書での証拠も一切残さず、全て口頭と電話口だけでの対応です。
私は全て録音して、こちらから文書を渡すときにも確認しています。
証拠を残さない手口はヤクザそのもの。
レオパレスは噂通りの悪徳企業だと実感しています。
なにしろ、今回で同じ事2回目ですから。

前回の着地地点では、レオパレスは以下のことを約束しました。(もちろん、口頭です)

・今回の事例を元に、今後国内1万棟に施行するシステムには最初からノイズ対策を行う
・今回のノウハウは社内で共有し、無駄にならないようにする

本社で決定したことと言っていました。
しかし、この2回目の問題からして、その約束は全くの嘘だったことが証明されました。

もう、嫌がらせとしか思えません。

もともと畑だったところにレオパレスが出来ると知って危惧していました。
ソーラー発電の問題では無く、住んでいる人のレベルの低さです。噂からして。
夜中に騒ぐし、玄関出たところで携帯電話で大きな声で長話はするし、ゴミ処理もまともに出来ない住民がほとんど。会社が会社なら、入る人も入る人という所でしょうか。
閑静な住宅街が、レオパレスという企業によって台無しです。
ノイズも平気でばらまくし、約束も守らないし。

では、2年前の顛末記を。
今後、第2章として連載していきます。

ソーラー発電ノイズ(8) 速報版:解決!
http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2013-03-16-2

ソーラー発電ノイズ(7) 
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2013-02-01

ソーラー発電ノイズ(6) 
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-10-17

ソーラー発電ノイズ(5)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-10-14-1

ソーラー発電ノイズ(4)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-09-09

ソーラー発電ノイズ(3)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-09-01

ソーラー発電ノイズ(2)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-08-04

ソーラー発電ノイズ(1)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-07-28

ノイズ源と思われるパワコン
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-07-16

我がやにもソーラー発電の妨害ノイズが始まりました(Solar EMC)
 http://bwt.blog.so-net.ne.jp/2012-07-15

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハムフェアーに参加します(出展者側) [アマチュア無線]

主たるブースは「FISTS East Asia」です。
関連ブースはA1CLUBとCWの里、そしてCWOpsになります。

booth_location3.jpg

献血コーナー近くの島に集まっています。

デジタル簡易無線を持って行きます。
これと、430を聞いている予定です。

また、ブースには12V電源(パワーポール仕様)とUSB電源がありますので、ちょっと充電したいと言うときは、無線談議でもしている間にどうぞお気軽にお申し出ください。充電用のケーブルは各自でお持ちください。
デジタルテスター、電池式の半田ごてもあります。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Eye-Fi mobi と DropBOXの同期 [デジカメ]



WiFi内蔵のSDカード。
デジカメに入れると、撮影したデータはSDカードに普通保存されますが、同時にWiFiで他のデバイスに転送できる物です。

とりあえず一番安いのを買ってみました。
妙に大きくても転送先が困っちゃうし。

私はDropBOXを便利に使っているので、Eye-Fiを使ってDropBOXに同期させたいのですが、Eye-Fiは自分の所でやっているクラウドにしかアップできないようです。
しかし方法はあるようで、Android機(スマホ)にDoropsyncというアプリを入れるとEye-Fiから転送されてきたファイルをDoropBOXの任意のフォルダにコピーまたは移動してくれます。これを使えば目的は達成されるのですが・・・ めんどくさい。
2回転送することになるので時間がかかるんです。

Eye-Fiの設定を見ていて何となく気がついてやってみたのが次の手順。

2014-08-19 22.11.57.png

データの保存先は固定ですが3つ選べます。
その中から「/mnt/sdcard/DICM」を指定します。
このディレクトリは外部SDではなく、内蔵メモリーのSDカードエミュレーション部分。
私のXperiaでは4GBの容量があります。1.2GBほど空いているので問題なし。ここに保存させます。
DICMはデジカメの保存フォルダを意味しているのでもしかして・・・

Eye-Fiから転送されてきたファイルは指定のフォルダ(内蔵SDのDICM/mobi以下)に保存されます。
ここは内蔵メモリーのカメラ保存フォルダと同じ階層ですので、外部SDのデジカメ画像と一緒にアルバムに出てきます。転送された画像をアルバムで確認してOK。
さらに、DoropBOXのカメラロールフォルダーとしても認識するようで、同時にDoropBOXのカメラロールに転送されました。

成功!

とくにめんどくさいコトしなくても、Android経由でDropBOXに同期することができました。
転送の流れを順に書くとこうなります。

EyeFi-DoropBOX.jpg

ところで、ちょっと古いタイプのEye-Fi(まだ売ってるみたいですが) X2というのだと、直接他のAPに接続するモードがあるので、クラウドにアップするのに他の端末が無くても良いみたいです。
が、Eye-Fiはダイレクトモード(他の端末に直接転送するモード)のみに集約していく方向みたいです。

Microsoftのクラウドストレージ「OneDrive」でも同じ動きを確認しました。
OneDriveの方が容量が大きいんですよね。(18GB)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WIRES-XアナログノードでのPTT(送信)ばたつき対策 [アマチュア無線]

アナログFMでWIRES-Xノードを立てています。例によって1200MHzのアナログFMです。
ルームに接続していてワッチしていると、交信している局の電波が安定せずに音声が途切れ途切れになるときがあります。モービル移動局では仕方ないことですが、この音声が途切れるのと同期してノードのPTT(送信)が激しくばたつきます。同じ交信を違うデジタルノードでFT1Dを使って受信していると、音声は途切れますが送信は継続しているようです。

八重洲無線にはレポートして要望を出して返信も来ましたので、近いうちにノードソフトウエアで対応されると思いますが、その前に簡単にハードで対策ができることに気が付いたのでやってみました。

HRI-200とIC-911Dを繋ぐ6pinケーブルの間に、47μFのコンデンサを入れるだけです。
私はMiniDIN-6のオスとメスが手持ちにあるので、15cm程度のストレート延長ケーブルを作って、間にコンデンサを追加しました。これをHRI-200付属のケーブルに割り込ませます。

PTTライン(3pin)とGNDライン(2pin)にパラレルになるように入れるだけで、(IC-911Dでは)PTTがONからOFFになった後も1秒弱PTTを保持します。コンデンサの容量は繋ぐRIGによるとおもうので、1秒程度になるように調整すると良いでしょう。

これにより、PTTがばたついても1秒以内のばたつきは送信を継続するので、アナログFMでワッチしているときのバサバサと頻繁に途切れる不快感と、ノードRIGのPTTを保護することに役立ちます。

うちでは起きていないと思うのですが、リバウンド現象の対策にも同じような簡易な回路が使えると思います。もし、リバウンドが指摘された場合はやってみようと思います。

※リバウンド
ノード局が送信を終了した後にRIGは受信状態になるのですが、その瞬間にスケルチが不安定になって一瞬電波を受信したのと同じ状態(スケルチオープン)になり、ネットワーク側に無変調を一瞬流してしまう現象です。
WIRES-Xでも問題が多発しており、特にHRI-200とFTM-400Dをアナログモードで運用している場合に起きるようです。この運用形態の場合は、FTM-400DをHRI-200モード(操作をHRI-200+PC側に全て渡す)で起動しておけば問題は起きないそうで、通常のモードで繋いでいるとリバウンドが起きてしまうようです。
従来のFM機に繋いでいても起きる場合があるようです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -