So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

ソーラー発電(太陽光発電)は破綻しかけているが [アマチュア無線]

急速に普及が進みすぎたソーラー発電。あっちこっちの地域で接続保留という事態が起きています。
関西では10KW以上50KW未満の一般向けシステムの接続も拒否されていたようですが、苦情が殺到して解禁になったとか。
そりゃ、セールスマンに言われてソーラーシステム乗せたら接続できませんでは怒らないわけがありません。

さて、面白いというか、へー、考えたもんだなーと感じた話があります。

案件は新築の分譲マンション。
これの屋上にパネルを敷き詰めてソーラー発電(売電)をするわけですが、1200KWも積んだら一般向けでは無くなるので、グリッドが一杯一杯の現状では即接続拒否されます。しかし、この10KW以上50KW未満なら接続が可能。そうです、世帯毎に設置した配線にして個別契約するという話。
例えば1200KWのパネルがあって、それを50世帯で分割する。1世帯当たり24KWになります。そして、各世帯に1台づつパワコンを設置する。そこまでケーブルを引っ張ってくるわけですね。24KWのパワコンでも50KW未満ですから、低圧接続でグリッドに繋ぐことが出来る。工事も低圧なので資格も2種で十分。旨いこと考えました。
これなら接続拒否されずにグリッドに繋ぐことが出来て、めでたく売電OKに。
これはENEOSがシステムをもっているらしく、Webにもデカデカと宣伝が乗っています。


さて、こうやって無理矢理繋いだとして実際はどうなるでしょうか。
グリッド受け入れ限界は物理的なあるわけで、一気に1200KWも接続されたら売電を受け入れることは不可能。そうなったらどうするか。グリッドの電圧をあげるのです。107Vまで上げればパワコンは電力を逆潮流挿せなくなって止まりますから、自営配線でのロスを補う程度の発電しか出来なくなります。
この手は確実に使うでしょうね。

いろいろと手を尽くしているようですが、グリッドが物理的に破綻しているのですから、いずれにしても売電収入で儲けるなんていうことは出来ない段階になってます。
それでも売り込むのでしょうね。

この話、アマチュア無線家からの相談で知りました。
近くに建設中のマンション。ここに例に挙げたようなシステムが設置されるようです。
相談主は最上階を確保してアマチュア無線を楽しんでいるそうです。そこ(すぐ隣)にいきなり1200KW分の家庭用システムがドンと。

この案件も注目していくつもりです。


情報提供をお願いします。
このような珍しいというか聞いたことの無い事例が出てきています。
メーカーはアマチュア無線への影響は知っていますから、近くには設置しないでくれと言っています。しかし、工事業者やオーナーまでは浸透していません。できあがってから問題が起き、私の所のように完成してもON出来ないという事も現実に起きています。

この「ノイズ問題」を広く伝えるために、多くの事例を集めています。
些細なことでもかまいません。相談にも乗ります。
JARLにも協力していただいていますので、よろしくお願いします。

こちらへのコメントでも良いですし、メール(sawada@bwt.jp)でもかまいません。
みなさんの情報をお待ちしています。

※近々専用ページを作って情報をまとめていこうと考えています。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WIRES-X 夜は不調? [アマチュア無線]

昨夜、WIRES-XのALLJA-CQ-ROOMに繋いでいました。
音声がブツブツと途切れる局がとても多い。

昼間は平気だったのに、夜(20時過ぎ)はダメでした。
ALLJA-CQ-ROOMへの接続ノードは60局。
今は71局繋がっていますが音の途切れは殆ど無いです。

ROOMサーバの回線にアタックでも受けていたのでしょうか。
それとも、セッション数が足りない状態になっていたのか。
いや、セッション数が足りなかったりサーバーの処理能力の問題だったら今の方が条件は悪いはず。

Windows Update、Virus Scanあたりが走ったのでしょうかね。

Linux系で走るWIRES-Xコントローラーが欲しいです。
古いWin機はけっこうあるけどOSも古いので使えない場合が多いので。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アマチュア無線機器メーカーにお願い [アマチュア無線]

1200MHzバンド防衛の話です。

現在、1200MHz帯を運用できる新品で購入できる機種はTS-2000(固定機)、IC-9100(固定機)、DJ-G7(ハンディ機)のみです。このうちIC-9100は1200MHzユニットはオプションなので技適機として簡単な手続きでは使えません。
固定機は値段が高く大きく気軽に使えません。
ハンディ機は周辺機器との接続性が乏しく残念です。
そう、モービル機が全くないのが問題だと思っています。

モービル機は固定に、車にと応用範囲が広く、特にVoIPとの親和性が高いです。
DATA端子(PACKET端子)があれば、VoIPのノードとしても使えますし、自宅ではラグチューに使うには最適な構成です。

今月号のCQ誌の裏表紙にアルインコの広告が出ています。
1200MHzを運用しましょうという広告。
最新機種を出しているだけありますね。

alinco.jpg


メーカー各社にお願いです。
1200のモービル機を出してください。


私はVoIPノードを1200MHzでやっています。
しかし、無線機がIC-911Dなので常時電源を入れておきたくありません。
モービル機を探したのですが、現行品は売っていませんし、中古で唯一使えそうなTM-833は高騰しているうえに、変な改造がされていたり(照明のLED化)TSQがオプションだったりと手を出せません。

空いている混信しにくい1200でVoIPをやりたいのです。
いろいろな実験をやりたいのです。
144/430はギチギチですから。


メーカー各社にお願いです。
1200のモービル機を出してください。
広告を打ってくれたアルインコだけが唯一の希望かも。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

1200MHzは? [アマチュア無線]

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000144.html

まずは、別紙2から読むと良いでしょう。
そして、別紙1、別紙3と読み進むのをお勧めします。

平成26年10月15日
「周波数再編アクションプラン(平成26年10月改定版)」の公表

アマチュア無線家の私たちとして気になるのは、1200MHz帯の扱いです。
資料によると、別紙2では1200MHz帯のアマチュアバンドがそっくり抜け落ちています。
また、別紙1を読み進めていくと、

(3) 1.215GHz超1.4GHz以下の周波数区分
本周波数区分の利用状況については、二次業務である1.2GHz帯アマチュア無線の利用が圧倒的に多いものの、国際的な周波数割当てとの整合性等から判断すると、適切に利用されている。 本周波数区分においては、今後、FPU及び特定ラジオマイクが普及してくることが想定され、さらには準天頂衛星システムの導入も検討されていることから、より一層の周波数有効利用が求められる。


ここで1200MHz帯アマチュアバンドの話が出てきます。
どう解釈したら良い化難しいのですが、資料を並べて遠目に眺めてみると、1200MHz帯のアマチュアバンドは2次業務であり、今後(携帯電話に明け渡した)放送中継用FPUシステムや、JAXAが上げたGPSの精度を上げるためのQZSS順(準天頂衛星)の妨害になるので、徐々に衰退させていくのが良いだろうと考えているように思えます。現実問題、1200MHz帯はガラガラで、144/430と比べたら混信も無く実験もやり放題で不法局も皆無という、いわば私にとってはいろいろな意味でプラチナバンドです。が、それを見逃すはずが無いのが電波業界。金を積んででも電波をほしがっている携帯業界がありますから。

ところで、別紙3はパブコメの結果ですが、アマチュアからの意見は1つも載っていませんでした。これでは・・・
※私も知らなかったのですが

1200MHz帯は新機種が全く出ていません。
やっている人もほとんど居ません。

冗談抜きに、アマチュアから1200MHz帯が取り上げられてしまいそうです。
この周波数、自作でなんとかなる限界でもあるんですよね。
これ以上高いと板金しなきゃならないし、ハードルは一気に高くなりますから。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソーラー発電(太陽光発電)ノイズ【2章-9】 終結 [アマチュア無線]

レオパレスから連絡が来ました。
オムロンでの検討結果のレポートもPDFで添付されていました。

メーカーのオムロンと対策検討を行っていたそうですが、オムロンの検討結果としては、全文引用は避けますが概略として、
  • 14MHz帯でのノイズでは、機種を変更しても効果が無い
  • 対策としては、AC側とDC側にノイズフィルターを付ける
  • アンテナに一番近いPVパネルとその配線からの影響(ノイズ輻射)と考えられる
  • 現状でS9+20dBのノイズレベルをS0まで低減させるには74dB(約1/2500万)のノイズ低減が必要
  • 効果が高いと考えられるノイズ対策を行っても、その効果は30dB程度にとどまる
  • 以上の検討結果から、影響解消は困難と判断する


  • との事で、レオパレスとしては「設備を撤去する」という結論になったようです。
    また、オムロンのコメントとしては、

    弊社製パワーコンディショナにつきましては、自主的に、電磁妨害波に関する規定である、VCCIクラスBを満足することを確認しております。また、弊社製パワーコンディショナの施工マニュアルでは、別紙のようにアマチュア無線への影響に対する注意喚起を行っています。


    との事。
    オムロンのWebにあるカタログには記載されていませんが、施工マニュアルにはきちんと書かれていたようです。これをちゃんと読まずに工事に進んだのは、施工業者の責任でしょうか。それとも、レオパレスが環境アセスメントをせずに進めたからでしょうか。どちらも正しいと思いますが、一番の問題は法整備ができていない事と、ノイズに対する考察が無頓着すぎる事でしょう。

    さて、これで第2章も笑い話のように終結しましたが、実は水面下では第3章を進めています。
    第3章は自身の問題だけではなく、国内のノイズ問題というレベルです。現在、JARLの関係者ともコンタクトが取れるようになったので、密に情報交換を行うようにしています。さらに、先に書きましたように法整備が間に合っていないことが最大の問題ですので、業界に注意喚起を浸透させると同時に、法整備に進むように働きかけていこうとしています。相手が法律ですので、大きな力が必要な上に時間もかかります。
    しばらくはアマチュア無線家である自分たちが、自分たちの力で1つ1つ問題を解決していくしかありません。なにしろ業界からしてみたら、現在の法律には何ら抵触していないのですから(VCCIというノイズ規格はありますが、HF帯の放射電界強度の規格は無く、しかも業界自主規制でしかありません)、基本的に無線通信環境の既得権を縦に紳士的に対応していただくしか手立てはありません。
    私の事例ではレオパレスが紳士的な対応をしてくれたので、このように2回目とはいえ綺麗に着陸することが出来ました。しかし、相手が一般家庭だったらそうはいかないでしょう。お金を出した当人が簡単にウンとは言わないでしょう。趣味のアマチュア無線に対する理解も小さいと予想されますし。

    今後は多くの事例データを元に、なるべく早く広く現実を拡散する(啓蒙活動)と共に、法整備を進めるようにたきつけていく、長い長い戦いとなると思います。

    繰り返しになりますが、お願いがあります。

    ソーラー発電設備からのノイズにより、無線通信に障害を受けている方は情報をください。
    その位置関係、障害の状況、先方との折衝はしているのか、解決したのであればその内容。
    非公開での情報提供を希望される方はその旨を書いてメール(sawada@bwt.jp)でお知らせください。
    多くの事例が力となり、私たちの電波環境をクリーンに保てる肥やしになります。
    どうか、些細なことでも良いので情報をお願いします。

    hamlife.jpにも取り上げていただけました。
    http://www.hamlife.jp/2014/10/08/solar-hatsuden-syougai-bosyu/

    nice!(4)  コメント(3) 
    共通テーマ:日記・雑感
    前の5件 | -