So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

2015年1月5日からのアマチュアバンドプランがJARLに載りました [アマチュア無線]

すでに報道されているとおり、年明けの1月5日からバンドプランが大きく変わります。
JARLのWebにもわかりやすい図表が掲載されました。

bandplan.PNG
画像は冒頭部分のみです

詳細はこちらからPDFでダウンロードできます。
http://www.jarl.org/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/bandplan20150105.pdf

概要説明(変更のポイント)も併せて読みましょう。
http://www.jarl.org/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/updated.htm


これによると、人気のHF帯である7MHzでは、CW専用が7030まで広がり、CWとデジタルの兼用は7045までになります。また、SSTVは狭帯域デジタルの所には出られませんので、画像区分を含む7045から上になります。SSTVが実質的に出られるのはLSBのキャリアポイント相当で7048からになります。

SSTVは下限の7033に良く出ていたことから、そのままシフトして7048あたりに出てくるのでしょうか。
SSBとのトラブルが懸念されます。

RTTYやPSKといった狭帯域デジタルは、DXとの通信に限り7045以上でも使えるとなっています。国内同士は7030~7045の範囲または全電波形式の7100以上になります。

7025~7030に出ていたRTTYやPSK31、7033をCalling周波数にしていたSSTV、7035から7045に出ていたアワードサービス(道の駅等)は、今までの常識周波数では運用できなくなるので要注意です。ここはCWと狭帯域デジタルに割り当てられます。

バンドプランは電波法の一つなので、指定区分を離脱すると法令違反になってしまいます。
区分の境界では、スペクトラムが下側にはみ出す事は許されないので、占有帯域幅を十分に理解した上で周波数を設定する必要もあります。(アマチュアバンド外へのはみ出しは上下共に許されません)

★D-STARのAPRSゲートウエイやC4FMのデジタル呼び出し周波数(推奨)が記載されました。

digital.PNG

これは法令では内容でJARLの推奨周波数のようです。
51.300、145.300、433.300の3つが指定されています。

今はD-STAR専用のように使われていますが、1/5以降はD-STARだけでなくC4FMも(ALINCO、AORも)この周波数を呼び出し周波数として活用しましょう。この周波数でのロールコールはやめましょうね。呼び出し周波数です。




この改訂、知っている方はどれだけ居るでしょうか?
CQを定期購読している人は今月19日発売の1月号に載っていると思うので、それを見れば気がつくでしょう。
JARLに入会していればJARL NEWSやメールマガジンで知ることが出来るでしょう。
では、JARLに入っていなくてCQも定期購読していない人は・・・ SNSや個人Blogで偶然知れればラッキー。ほとんどの人は知らずに年を越すのではないかと感じています。

JARLのメルマガはJARL非会員でも配信してくれれば良いのですけどね。特にこういう重要な情報だけでも。
こういうサービスが会員拡大のきっかけになるとも思えるのですが。

nice!(1)  コメント(0) 

ソーラー発電(太陽光発電)ノイズ【2章-番外編】 FIT見直しが決定 [アマチュア無線]

再生可能エネルギー買い取り見直し 正式決定へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141216/k10014002471000.html

経済産業省は16日に専門家の会議を開き、電力会社に対して再生可能エネルギーによる電力をすべて買い取ることを義務づけた制度の抜本的な見直しについて議論し、今週、電力会社が必要に応じていつでも太陽光発電などの買い取り量を減らせることなどを正式に決める方針です。


現在:
発電した電力は100%電力会社が固定価格で買い取らなくてはならない。
ただし、年間30日を上限に、電力供給の安定性を目的として買い取り停止や減量ができる。

今後:
発電した電力は必要と有れば買い取り停止や減量が出来る。
メガソーラーだけでなく、住宅用も含める。

2年で完全に破綻。
もちろん、ノイズ問題を引き起こしたレオパレスので1万棟計画も頓挫でしょう。
○○年で投資回収が出来ると言われて設置した人も、その計画は破綻します。
最初から蓄電を導入していた所は、売電重視ではなく地産地消重視に切り替えればエコです。

最初からここにも書いていたとおりソーラー発電は経費削減にはならないと思ってました。
エネルギー問題の解決に投資する気持ちであれば良いのですが、そうじゃなくて電気代を浮かせるとか、投資回収をして10年後は電気代がタダで暮らせるなんていう夢を見ていた人がほとんどでしょうね。

さらに、連載で書いてきましたが、ノイズの問題も話が進んでいます。
日本も重い腰を上げて、CISPR準拠を導入する方針です。
このCISPRも数値が甘いので、今後議論して実用的な(ノイズの影響を考慮した)値になっていくでしょう。
この動きは既存の設備にも適用される話みたいなので、再工事は余儀なくされるでしょう。改修費用は政府が補助金を出すことを検討しているとか。
この件は詳細な動きがあったらまた報告します。今はこの情報までです。


nice!(2)  コメント(0) 

年明けからバンドプランが変わりますね [アマチュア無線]

詳細はこちら。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000305487.pdf

特に注意すべきは運用局の多い7MHz帯の変更でしょう。
今まで普通に運用してきた周波数が使えなくなるところがあります。

CW専用
 7000~7025 → 7000~7030
 ★7025~7030に良く出ていたPSKやRTTYといったデジタルモードが
  使えなくなります

CW、狭帯域デジタル兼用
 7025~7030 → 7030~7045
 ★SSTVは7045以上でしかできなくなります

全電波形式
 7030~ → 7045~

変調モードを基本に見てみると、以下のようになります。

RTTYやPSKといったデジタル文字通信モード
 7025~7030がCW専用になるので、7030以上でないと使用できません。
 7026~7029あたりがよく使われていますが使えなくなります。
 DXとの通信は要注意です。

SSTV等の画像通信モード
 7030~7045は狭帯域デジタル専用になります。。
 SSTVは7045以上になります。(おそらく)

SSBによる音声通信モード
 7045以上になります。
 移動運用によく使われている7036はCW/デジタル専用になるのでSSBに
 使えません。

※SSTVが使えるバンドを訂正しました。

【12/1追記】
ただし、解釈が難しく私にははっきりと言えません。
というのも、7045-7100は外国との通信に限り、RTTY、データ(ただし、音声+データと画像を除く)に使えるとあります。これを、海外とやるときはSSTVはダメだけど、国内は良いという取り方もできると思います。RTTYとPSKはデジタル区分の7030-7045が指定されているのでこれが基本となります。画像の扱いがよくわかりません。
たぶん、「7045-7100は全形式OKだけど、狭帯域デジタル(RTTY、PSK、PACKET)は専用帯域が割り当てられているのでそちらで。ただし海外との狭帯域デジタルの通信はここでやってもい。しかし、音声+データと画像は海外との通信はここではだめ。」という意味でしょうか。DXとのSSTVは7100以上でってこと?

だれか、正しい解釈が判る人居たら教えてください。
来月のCQには載ると思いますが、それって12/19発売なので本当に直前です。JARL Webも官報がでてからだいぶたつので載っていてもおかしくないと思うのですが。

この話は約1ヶ月後に施行されるのですが、12/1時点ではJARLのWebにもCQにも載っていません。

nice!(2)  コメント(0) 

ウインドシンセ(EWI)吹きの為のWindows講座 [テクノロジー]

最近はまってるEWIですが、IFWで音を鳴らすにはMac+ガレバンでやるのが一番簡単。
が、Windowsでもどうしたも動かしたいので試行錯誤してできたのでメモとして残します。

オケ(曲)を流しながらIFW鳴らすには、DAWが必要。
Windows Media Playerとminihostの組み合わせでは1つのオーディオデバイスからミックスして出せない。これはWindows Vista以降の仕様なのでどうにもならない。なので、DAWソフトが必要。

・PCスペック

メモリーは2GBでは苦しい。足りない。メモリーは結構食う事が判った。
最低でも3GB積んだ物が必要。vistaなら4GB必須。
CPUはCore2時代のノートでも大丈夫。時代的にはVista搭載あたりから。テストはVAIO TT(Core2、4GB)で行ったが十分だった。
私が持っているATOMのPC(Z520=ネットブック)はメモリーが2GBまでしか積めないので、曲を流しながらIFWを使ってさらにエフェクトをかけるのは無理だった。OSとDAW+IFWで2GB食ってしまうため。
Xpは試していないので判らない。おそらくシングルコアCPUにメモリー2GB以下でも動くと思う。

インストールに必要なソフトを順に書いていく。

・IFW
何はともあれ、ウインドシンセに特化したソフトウエア音源が必要。これを使いたいのが今回の目的。
曲に合わせたパラメータデータが同梱されている。これがまたいい!
入手にはFacebookかMixiのアカウントが必要。私はFacebookから取得した。
どちらかのIDを取得してIFWを検索するとそのグループが見つかるので入会する。そうするとダウンロード先が書いてあるので、そこに行って入手する。2時配布は禁止されているので自力で入手すること。
IFWを入手したら解凍して、IFWフォルダーごとマイドキュメントフォルダ直下に入れておく。こんな階層になるはずだ。この位置が後で意味をなす。
マイドキュメント
 └ IFW
    ├ mac
    ├ sounds
    └ win

とりあえずここまでやったら次に進む。

・ASIO4ALL
ここからダウンロードする→ http://www.asio4all.com/
イギリス国旗のEnglish版が目的のパッケージ。日本語版は無い。
Windowsのサウンドデバイスはカーネルを経由するため、そのまま音を出そうとすると強烈な遅延が発生してとてもじゃないけど演奏できない。そこで、カーネルを回避するASIOというインタフェースを使う。
ASIO4ALLはフリーのASIOドライバ。ハードウエアとしてはASIOに対応したデバイスが必要だが、よほどの安物じゃなければ対応しているだろう。ここでは外付けのUSBオーディオインタフェースを使う。内蔵音源でも音は出るが、Sound Blaster等を外付けした方が遅延も小さく音も良い。私が使っているのは安価なデバイス。



これはニコ生とかNet Duetにも使えるステミキに対応しているので、安価な中ではお勧め。

・Reaper
ここから取得する→ http://www.reaper.fm/
割と使っている人が多いらしいDAWソフトウエア。Mac版もあるがここではWindows版に特化する。
32bit版と64bit版があるので、自分のPCに合わせた方をダウンロードする。
ネットの情報を見るとv0.999はフリーなので勧めているが、これはXpまでしかまともに動かない。Vista以降であれば迷わず4.xxxの有料版をダウンロードする。
有料版とはいえ、30日の試用期間を過ぎても起動時に「買ってね」ダイアローグが出るだけで機能制限は無いらしい。まだ使い始めたばかりなので判らないが、買っても$60なので安いからお勧め。

まず、普通にインストールする。
USBオーディオインタフェースとMIDIインタフェース(Roland UM-ONEmk2)を繋いでおく。
USBオーディオはドライバーは入れなくて良い。OS標準の方が使い勝手が良い。
MIDIの方はちゃんとメーカーのドライバを入れておくこと。

Reaperを起動させたら、Option>Prefernceを開く。
ここで重要なのはAudioの所。スクロールして上の方にある。
AudioのDeviceを選択する。そして、Audio systemにASIOを指定。ASIO driverはASIO4ALLが選べるはず。
Enable inputesにチェックマークが入っているのを確認して、下の4つをSound Blster(繋いでいるUSBオーディオの名称)に変更する。ここでSound Blasterが選択できない場合は、ASIO Configuration...を開いて、ASIO4ALLを設定する。内蔵デバイスが有効になっていると思うので、その下にあるSound Blasterをチェックして、内蔵のチェックを外す。これで戻ればSound Blasterが選択できるようになるはず。
他は触らなくていい。
ここでやる作業は、DAWソフトのReaperの出力先をASIOにして、ASIOの出力先をSound Blasterにすると言うことだ。何もしないとPC内蔵サウンドデバイスに出力してしまう。

次にMIDI Devicesを選択して、MIDI InputsにUM-ONEが表示されているのを確認する。Outputsの方は無視でいい。
これもReaperが入力として使うMIDIデバイスを指定することになる。

もう一つ。
VSTiプラグインとしてIFWを認識させる。iが付いているのはInstruments(楽器)という意味。
下の方にスクロールさせるとPlug-ins>VSTがあるので選択。
Addボタンをクリックして、先に配置しておいたIFWのフォルダを指定する。マイドキュメントのIFW。
指定したらClear cache/re-scanをクリックする。これでIFWを自動サーチしてを認識する。

この3カ所を設定したらOKして閉じる。

次にトラックを作っていく。他のサイトの説明も参照すると良いだろう。手を抜いて文字だけで書いている。
オケ(音楽)をインポートするには、Track>Insert New Trackを実行。空のトラックが1つ出来るので、その横のタイムラインにWAVファイルをドロップする。これで、再生ボタンをクリックすると音楽が鳴るはず。
もし、PC内蔵側から音が出てしまって、USBオーディオから音が出ない場合は、先の設定を見直す。

IFW(EWI)のトラックを作る。
オケと同じように空のトラックを一つ作る。
FXボタンをクリックする。左下のAddをクリックするとAdd Fx to Track 2なんていうリストが出てくるので、VSTiにあるIFWを指定する。64it PCなら何も書いて無い方。32bitなら(x86)の方。
指定してOKするとIFWのコントロールパネルが出てくる。BROWSEボタンをクリックすると音色リストが出てくるはず。ここでお目当ての音色を指定する。例えばOmens Of LoveとかTruthとか。そのものがある。BROWSをクリックしてもリストが出てこない場合は、IFWの配置場所が間違っているか別にしたからで、その場合はLOADをクリックして直接xmlファイル(音色パラメータ)を指定する。
指定したら一度ペケで閉じる。
IFWのトラックはこの手順では2番になってると思う。ここで下向き三角のボタンをクリックして、MIDI INを指定する。これで、このトラックの録音入力がMIDI入力に指定されたことになる。
そして、暗くなっている赤いボタンをクリックして明るくする。
下段に行ってミキサー画面。ここのトラック2のスピーカーアイコン(ちいさいけど三角の左向いたスピーカー)をクリックしてRecord Monitoring:ONにする。これでいつでも音が出る。
EWIを吹いてみよう。あの音が出るはずだ。
ここで設定した内容は、Reaperにトラックを作って、そのトラックの入力をMIDIに指定し、トラックのFxにIFWをインサートしたことになる。そして、録音可能状態にして、そのモニターをONにした。

ここで一度プロジェクトをSAVEしておく。

再生ボタンをクリックして音楽を流し、1曲吹いてみよう。
ここでエフェクターが欲しくなると思う。そうしたらまたFXボタンをクリックしてIFWをAddしたときと同じようにVSTエフェクトプラグインをインサートしていけばいい。私が入れたのは次の順番。並びの順にルーティングされる。

□ VSTi: IFW (ring2)
□ VST: ReaDeley(Cockos)
□ VST: ReaVerbate(Cockos)


上から順にIFW,ディレイ、リバーブ。
それぞれのパラメータを調整して好みに仕上げるといい。
左のチェックを外すと無効になるので調整の時に使う。
並びは、楽器にコンパクトエフェクターを数珠つなぎにして、ダイレクトボックスでPAミキサーに突っ込んだのと同じ意味になる。
これで完了。

ただし、うちの場合だけかもしれないけど、別のProjectを呼び出そうとLoadするとクラッシュします。毎回再起動しないと新しいプロジェクトを読み込めない。理由は分からないけど、Win7 ProとWin8.1 Proの両方で同じ挙動をする。どちらも64bitだからかもしれないが。
ちなみに64it PCでも32bit版は動きます。メモリーを有効に使えないだけ。

画像は気が向いたら追加します。
→ まとめました http://www.bwt.jp/wiki/index.php?Reaper_and_IFW

質問はいつでもOK。
ただし、通りすがりとか匿名はスルーしますので、なんらかのハンドル付けて書いてください。
いつもはFacebookのウインドシンセグループに居ます。

nice!(2)  コメント(0) 

Wireless MIDI トランスミッタ [電子工作一般]

EWIとIFWをワイヤレスで繋ぎたい。
そんな考えを実現してみました。

2014-10-25 14.53.09.jpg
MIDI送信機
単3×2本の電池ボックスの上に貼り付けてあります。
入力はMIDI-INのみ。

2014-10-25 14.53.16.jpg
EWIに繋ぐとこんな感じになります。
L型MIDIプラグはAudio Technicaの製品を切って使ったため、ケーブルの引き出し方向が上になりました。

2014-10-25 14.54.23.jpg
EWI-4000sのMIDI-OUTとケーブルフックの間にぴったり入ります。
幅もほぼ同じなので、底面に薄いクッションシートを挟んでマジックテープで1回しして固定しています。

2014-10-25 19.10.24.jpg
こちらは受信側。
電源は5Vとし、IFWを動かすPCのUSBから貰います。
もちろん、モバブーでも動かせます。
出力はMIDI-OUTで、他のMIDI音源をドライブすることも可能です。
USB-MIDIはROLANDのUM-ONEで確認しました。


実は双方向通信が出来るので、両方にMIDI-INとOUTを繋ぐことも出来ます。
今回は片方向のみにしています。

周波数チャンネルは11ch~26chまでの15chを指定できます。
つまり、15ペアの同時運用が可能。
混信を避けるにはch間を空けた方が良いでしょう。

メインとなる通信モジュールは、TOCOSのTWE-LITE(トワイライト)という物で、2.4GHz帯のZigBeeをベースとした物です。これにUART動作をさせるファームウエアを流し込んで、UART透過モードにセットして使っています。このモジュール以外に必要なのは、MIDIとのインタフェースだけです。

送信側はフォトカプラを入れて、ちゃんとMIDI準拠としました。
電源電圧は3Vで、動作範囲は2.3~3.3Vです。いちおうeneloopでも動きますが、アルカリを使った方が無難でしょう。

受信側は音源のフォトカプラをドライブするだけですが、5Vできちんとドライブしたいので電源電圧を5Vとしました。モジュールは3.3Vで動かしています。5Vを標準として事で、USBを電源として使えて便利です。

実際にEWIに繋いで使ってみた感じですが、遅れは自分では気にならないというか判らない範囲です。デジタルオシロで観測してみたところ、MIDI-INからMIDI-OUTで10~16ms程度でした。ディレイはばらつきます。

WiFiの混信は避けられませんが、壁を隔てた隣の部屋は十分問題なく動きました。
壁2枚隔てると届かなくなりました。受信機のそばにはWiFiで繋がったMac BookとWiFiのAPが同室内にあります。

電波が届かなくなると音が途切れるのですが、運が悪いとNOTE OFFが受信できず音が鳴りっぱなしになります。また、データが壊れるとMIDI Panicを起こして動作がおかしくなるようです。これはどこがおかしくなっているのか判りませんが、IFWを動かしているGarageBandを再起動しないと直らないことから、MacのMIDIドライバかGarageBandが逝ってしまっている感じです。
このリカバリは受信機側のソフトを修正しないとならないので後回しです。というか、SDKがあっても自分には簡単に変更できませんので。ソフト苦手ゆえ。

製作の為の情報はこちらにまとめています。(まだ途上です)
http://www.bwt.jp/wiki/index.php?Wireless-MIDI

せめてやりたいのは、送信機側のケースを3Dプリンタあたりで作って、綺麗にばっちりしっぽり完成させたいです。MIDIプラグ一体として、電池ケースと送信回路が1つのケースに綺麗に収まった物に仕上げたいです。
3D CADの練習しなきゃ。出力は秋葉でもできますし、いくつかのアテがあるので。


nice!(2)  コメント(0) 
前の5件 | -